[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平12勝目の裏で… ジャッジ3安打、打率.307上昇で3冠王も視野 MVP争いは過熱一途

米大リーグ・ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手が10日(日本時間11日)の本拠地レイズ戦で4打数3安打とし、打率は.307に上昇。リーグ1位の55本塁打、112打点と合わせ、3冠王も視野に。この日、12勝目を挙げたエンゼルス・大谷翔平投手とのリーグMVP争いは過熱の一途を辿っている。

3安打で打率を上げたアーロン・ジャッジ。3冠王も見えてきた【写真:ロイター】
3安打で打率を上げたアーロン・ジャッジ。3冠王も見えてきた【写真:ロイター】

レイズ戦で“猛打賞”の活躍、打率リーグ1位は.318のボガーツ

 米大リーグ・ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手が10日(日本時間11日)の本拠地レイズ戦で4打数3安打とし、打率は.307に上昇。リーグ1位の55本塁打、112打点と合わせ、3冠王も視野に。この日、12勝目を挙げたエンゼルス・大谷翔平投手とのリーグMVP争いは過熱の一途を辿っている。

【特集】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 ジャッジは「1番・右翼」で先発し、初回先頭でレフトへの安打。打者一巡で回ってきた2死一、三塁では左前タイムリーを放った。空振り三振を挟み、第4打席でもセンターへの安打を放った。これで打率.307に上昇。現在はリーグ4位だが、.318で同1位レッドソックスのボガーツの背中が見える位置に。ここからさらに爆発すれば、リーグ記録61本塁打とともに3冠王も夢ではない。

 米国ではアメリカン・リーグのMVP争いが大きなトピックの一つに。ジャッジのライバル、大谷はこの日、5回1失点の好投で12勝目を挙げ、規定投球回まで残り21イニングとした。驚異の打撃と異次元の二刀流、それぞれの強みを生かした2人の活躍はシーズン最終盤まで見逃せないものになりそうだ。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集