[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、空振りしたアルトゥーベの顔に反響 159kmの魔球に「表情が物語るエグイ球…」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は10日(日本時間11日)、敵地アストロズ戦に「3番・投手兼DH」で投打同時出場。5回7奪三振1失点で自己最多12勝目を挙げた。この日、冴え渡ったのは最速101マイル(約162.6キロ)を記録した新球ツーシーム。内角に投げ込まれたホセ・アルトゥーベ内野手はあまりの威力に驚いたのか、空振りした後で思わず笑ってしまった。その様子に日米ファンから驚きの声が上がっている。

アストロズ戦に3番・投手兼DHで出場し、5回1失点で自己最多12勝目を挙げた大谷翔平【写真:Getty Images】
アストロズ戦に3番・投手兼DHで出場し、5回1失点で自己最多12勝目を挙げた大谷翔平【写真:Getty Images】

3回の対戦で159キロ新球ツーシームにアルトゥーベが空振り  

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は10日(日本時間11日)、敵地アストロズ戦に「3番・投手兼DH」で投打同時出場。5回7奪三振1失点で自己最多12勝目を挙げた。この日、冴え渡ったのは最速101マイル(約162.6キロ)を記録した新球ツーシーム。内角に投げ込まれたホセ・アルトゥーベ内野手はあまりの威力に驚いたのか、空振りした後で思わず笑ってしまった。その様子に日米ファンから驚きの声が上がっている。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 メジャー屈指の好打者も笑うしかない。2021年MVPの大谷は3回先頭で2017年MVPのアルトゥーベを迎えた。カウント1-1から投じたのはツーシーム。99マイル(約159.4キロ)の高速でストライクゾーンから懐のボールゾーンへ食い込んだ。アルトゥーベのバットはあえなく空を切る。思わず、打席を外しながら苦笑いを浮かべた。最終的にフルカウントから今度は逆の軌道となる内角スライダーで見逃し三振。大谷の新球が威力を発揮した打席だった。

 印象的なアルトゥーベの表情を、「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米国の投球分析家ロブ・フリードマン氏がクローズアップ。自身のツイッターに「ショウヘイ・オオタニの99マイルのシンカー(アルトゥーベは感銘を受けている)」とつづり、動画をアップした。

 これを見た米ファンからは「みんなアルトゥーベみたいになってるよ」「笑うしかないよ」「同じチームだったらこの2人は仲良しになっているはずだ」「私もこれ見た」「アルトゥーベ、良いやつだね」との声が上がり、日本のファンからも「相手バッターわろてるやん」「アルトゥーベの表情が物語ってるけどエグい球…これが覚えたての新球とか」「アルトゥーベ好き、可愛い」などの声が寄せられた。

 この日は右手中指マメの影響で5回で降板したものの、投手・大谷にとって武器になっているツーシーム。規定投球回まで残り21イニング、2年連続MVPの期待もかかる二刀流にとって、残りシーズンも大きな支えになるのは間違いない。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集