[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

女子ゴルフ界に新星 19歳川崎春花が予選会からメジャー優勝&初V、大会史上最年少Vの快挙

女子ゴルフの国内メジャー・日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯最終日が11日、京都・城陽CC(6555ヤード、パー72)で行われ、4打差4位から出た地元・京都出身の19歳ルーキー・川崎春花(フリー)が1イーグル、6バーディーの64で回り、通算16アンダーで逆転V。2014年の鈴木愛(20歳128日)を上回り、大会史上最年少となる19歳133日で優勝となった。予選会から出場したシンデレラガールが、ツアー初Vを国内メジャー制覇という快挙で飾った。

大会史上最年少Vを飾った川崎春花【写真:Getty Images】
大会史上最年少Vを飾った川崎春花【写真:Getty Images】

日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯、予選会出場からの優勝は大会史上初

 女子ゴルフの国内メジャー・日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯最終日が11日、京都・城陽CC(6555ヤード、パー72)で行われ、4打差4位から出た地元・京都出身の19歳ルーキー・川崎春花(フリー)が1イーグル、6バーディーの64で回り、通算16アンダーで逆転V。2014年の鈴木愛(20歳128日)を上回り、大会史上最年少となる19歳133日で優勝となった。予選会から出場したシンデレラガールが、ツアー初Vを国内メジャー制覇という快挙で飾った。

【特集】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 女子ゴルフ界に新星誕生だ。川崎はイーブンで迎えた370ヤードの8番パー4、第2打を直接入れるスーパーイーグルで一気に上位進出。さらに後半12番パー5から怒涛の4連続バーディーで単独首位に浮上し、17番、18番でもスコアを伸ばして4打差をひっくり返す逆転Vを飾った。

 この春、高校卒業したばかりの川崎は、8月下旬に山陰ご縁むす美レディースでステップ・アップ・ツアー優勝をしているが、レギュラーツアーは10試合中6試合で予選落ち(最高29位)。まだ顔にあどけなさも残る19歳が大仕事をやってのけた。

 今大会は7月に行われた予選会を5位で突破し、出場権を獲得。04年から始まった予選会を経て、優勝した選手は初となった。また、19歳133日での優勝は大会史上最年少。国内メジャーにしても2016、17年の日本女子オープンを連覇した畑岡奈紗(17歳263日、18歳261日)に次ぐ快挙となった。

 地元・京都出身。自宅は会場から車で40分程度といい、初日のラウンド後には「道路の感じは碁盤の目と言われるぐらいなので、京都に帰ってきたな、と思います。京都に帰ってきたらお母さんの料理が食べられるので楽しみです」と初々しく語っていたが、4日間72ホールを堂々と戦い抜いた。

 ラウンド後の優勝インタビューでは「全然、信じられないです。うれしいです。プロテストに合格したコースがここだったので、思い出がありました。地元・京都ということもあって、凄くたくさんの方が応援してくださって、それが力になって優勝することができた」と喜びと感謝を語った。

(THE ANSWER編集部)

1 2 3 4
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集