[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、ライバル敵将がまさかのボヤキ 話題は“珍三振”「我々も奪えればなぁ…」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は7日(日本時間8日)、タイガース戦に「3番・DH」で先発出場。3-3と同点の7回に勝ち越しの33号ソロを放ったもののチームは4-5で逆転負けした。5日(同6日)の本拠地タイガース戦では、登板した野手に三振を奪われ話題となっていたが、同地区アストロズの名将ダスティ・ベイカー監督も反応。「我々もオオタニから三振奪えればなぁ」とボヤいていた。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

アストロズのベイカー監督が反応「クールだね」

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は7日(日本時間8日)、タイガース戦に「3番・DH」で先発出場。3-3と同点の7回に勝ち越しの33号ソロを放ったもののチームは4-5で逆転負けした。5日(同6日)の本拠地タイガース戦では、登板した野手に三振を奪われ話題となっていたが、同地区アストロズの名将ダスティ・ベイカー監督も反応。「我々もオオタニから三振奪えればなぁ」とボヤいていた。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 エンゼルスが9-0でリードの8回、大谷は野手登板したコディ・クレメンスと対戦した。今季5月にメジャーデビューした26歳。緩いボールでファウルを打たされるなど、大谷はタイミングが合わない。1-2と追い込まれた4球目68.4マイル(約110キロ)のボールを見逃し、三振となった。これにクレメンスはガッツポーズ。翌日、大谷が記念球にサインしたことも注目を集めていた。

 メジャー通算354勝の大投手ロジャーを父に持つコディの“偉業”に、ベイカー監督も反応。テキサス州地元局「KRIV」のスポーツディレクターのマーク・バーマン氏が自身のツイッターに公開した動画内で、「彼(クレメンス)がオオタニから奪三振だって? かなりクールだね。我々もオオタニから三振を奪えればなぁ」と冗談交じりに話していた。

 大谷は今季、打者としてアストロズ戦に11試合出場。打率は.196だが三振は14で、同地区では対アスレチックスの8に次いで少ない。ベイカー監督にとっては、打ち崩されている訳ではないが三振が奪えないイメージがついていたのかもしれない。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集