[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、衝撃の弾丸31号に日本のファンも混乱「エグすぎる」「速すぎて分からない」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、本拠地タイガース戦に「3番・DH」で先発出場。3回の第2打席で右翼席へ31号2ランを放った。強烈な弾丸ライナーで、グラウンドへ戻ってきた打球に誰もが混乱。一度は二塁打かと思われたが、判定の結果本塁打となった。「速すぎて本塁打か分からなかった」とツイッター上の日本人ファンも一瞬混乱した様子だった。

3回の第2打席、右翼席へ31号2ランを放つエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
3回の第2打席、右翼席へ31号2ランを放つエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

タイガース戦で豪快弾

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、本拠地タイガース戦に「3番・DH」で先発出場。3回の第2打席で右翼席へ31号2ランを放った。強烈な弾丸ライナーで、グラウンドへ戻ってきた打球に誰もが混乱。一度は二塁打かと思われたが、判定の結果本塁打となった。「速すぎて本塁打か分からなかった」とツイッター上の日本人ファンも一瞬混乱した様子だった。

【注目】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 弾丸ライナーにファンも仰天だ。3回1死二塁の第2打席。大谷は相手左腕アレクサンダーが投じた初球、ど真ん中の90マイル(約144.8キロ)を豪快にはじき返した。右翼へ飛んだ弾丸ライナーは、一度はグラウンドへボールが跳ね返ってきたため大谷は慌てて二塁へ。柵越えにも見えたため場内に困惑が広がったが、直後に塁審が頭上で手をまわし、本塁打と判定した。

 スタットキャストによると打球速度111.4マイル(約179.3キロ)、飛距離382フィート(約116.4メートル)の一発。発射角度は19度の“超低空弾”だった。これにはツイッター上の日本人ファンも「大谷の打球音銃声やん笑」「全盛期の松井秀喜の打球音も凄かったけど大谷翔平のはさらに上を行ってて本当えぐい」「大谷の打球エグすぎ」「あまりにも打球が速すぎてホームランかどうかが分からなかった」「怪物だ」などと驚きの声を上げていた。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集