[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平の31号2ランに仰天 LA実況席「超特急だ」「ワオ…スイングとともに球を破壊」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、本拠地タイガース戦に「3番・DH」で先発出場。3回の第2打席で右翼席へ31号2ランを放った。強烈な弾丸ライナーで、グラウンドへ戻ってきた打球に誰もが混乱。一度は二塁打かとも思われたが、判定の結果本塁打となった。ロサンゼルスの実況席は「超特急だ」「スイングとともに球を破壊」と仰天している。

3回の第2打席、右翼席へ31号2ランを放つエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
3回の第2打席、右翼席へ31号2ランを放つエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

タイガース戦で31号2ラン

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、本拠地タイガース戦に「3番・DH」で先発出場。3回の第2打席で右翼席へ31号2ランを放った。強烈な弾丸ライナーで、グラウンドへ戻ってきた打球に誰もが混乱。一度は二塁打かとも思われたが、判定の結果本塁打となった。ロサンゼルスの実況席は「超特急だ」「スイングとともに球を破壊」と仰天している。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 エンゼルスタジアムに衝撃が走った。3回1死二塁、大谷が第2打席で弾丸ライナーをかっ飛ばした。相手左腕アレクサンダーが投じたど真ん中の90マイル(約144.8キロ)を強振。右翼席に向かった打球は一度グラウンドへ跳ね返り、外野手も返球したため大谷は慌てて二塁へ。柵越えに見え、場内に困惑が広がったが、塁審は頭上で手をまわしていた。

 スタットキャストによると打球速度111.4マイル(約179.3キロ)、打球角度19度、飛距離382フィート(約116.4メートル)の31号。エンゼルス戦を中継する米カリフォルニア州地元局「バリー・スポーツ・ウェスト」の実況席もビックリだ。実況のパトリック・オニール氏は「強振! 叩きのめした! フェンス直撃。シグナルはまだないが……ホームランだ! 2ランはミサイルです!」と伝えた。

 解説を務めた通算132勝投手のOBマーク・グビザ氏は「超特急でした。なんてスイングだ、ショウヘイ! 打球速度111マイルですよ。スゴイ!」と興奮。再度映像を見返し「(大谷の)なんてスイング、なんてバランスだ! Wow……スイングとともに球を破壊しました」と驚くしかなかった。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集