[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • ラグビー日本代表、猛追みせるもイタリアに敗戦 テストマッチ連勝ならず

ラグビー日本代表、猛追みせるもイタリアに敗戦 テストマッチ連勝ならず

ラグビー日本代表のテストマッチが16日、ノエビアスタジアム神戸で行われ、イタリア代表に22-25で敗れた。6月のテストマッチ3連戦の2戦目で今季初黒星。欧州の強豪相手に連勝を飾ることはできなかった。

姫野和樹【写真:Getty Images】
姫野和樹【写真:Getty Images】

初戦からメンバー変更は1人だけ、イタリアから連勝狙うもわずかに及ばず

 ラグビー日本代表のテストマッチが16日、ノエビアスタジアム神戸で行われ、イタリア代表に22-25で敗れた。6月のテストマッチ3連戦の2戦目で今季初黒星。欧州の強豪相手に連勝を飾ることはできなかった。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

 9日に行われた第1戦では34-17とダブルスコアで快勝した相手との連戦。第1戦から新たに先発入りしたのはフランカー徳永祥尭だけで、NO8だったアマナキ・レレイ・マフィが控えに回り、注目の姫野和樹がNO8に入った。

 前半4分にロックのアニセがいきなりシンビンで退場(10分間)する波乱のスタート。1人少ない時間帯は粘り強く守った日本だったが、19分に敵陣から一気にボールを運ばれトライを許した。26分にはゴール前左ラインアウトモールからじわじわと押し込まれ、最後は日本の右中間に押さえられた。しのぎ切ったかに見えたが、TMO(ビデオ判定)の末にトライと判定された。

 日本の反撃は34分。敵陣10メートルライン付近からSO田村優がPGを決めて3点を返し、前半は3-12で折り返した。

 後半から徳永に代えて、アマナキ・レレイ・マフィ、田中史朗に代えてSH流大を投入。流れを変えようとしたが、逆に同4分にトライを奪われ、3-19とリードを広げられた。

 追い込まれた日本が底力を発揮する。後半19分には右サイドから展開。後半から入った流から入ったばかりの松田力也へとつなぎ、最後はセンター、ウィリアム・トゥポウが中央に飛び込みトライ。松田がコンバージョンを決めて10-19と差を詰めた。その5分後にも今度はマフィが左中間にトライ。一気に2点差まで迫った。

 しかし32分、34分と連続でPGを決められ万事休す。終了間際にFB松島幸太朗がトライを決め、3点差に迫るも、コンバージョンは失敗。ここでノーサイドとなった。

 6月のテストマッチ3連戦の最終戦は、23日にジョージア代表と愛知・豊田スタジアムで対戦する。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー