[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

横峯さくら「68」で7位発進 長男の看病を終え4戦ぶり出場「息子の体調が第一です」

女子ゴルフの国内ツアー・ゴルフ5レディスが2日、千葉・ゴルフ5Cオークビレッヂ(6465ヤード、パー72)で開幕した。4試合ぶり出場の横峯さくら(エプソン)は、5バーディー、1ボギーの68で4アンダー。首位に5打差の7位で発進した。会見では3試合連続欠場のうち2試合は、1歳7か月の息子・桃琉(とうり)君を看病するためだったことを明かした。

ゴルフ5レディス、首位に5打差の7位で発進した横峯さくら【写真:Getty Images】
ゴルフ5レディス、首位に5打差の7位で発進した横峯さくら【写真:Getty Images】

ゴルフ5レディス初日

 女子ゴルフの国内ツアー・ゴルフ5レディスが2日、千葉・ゴルフ5Cオークビレッヂ(6465ヤード、パー72)で開幕した。4試合ぶり出場の横峯さくら(エプソン)は、5バーディー、1ボギーの68で4アンダー。首位に5打差の7位で発進した。会見では3試合連続欠場のうち2試合は、1歳7か月の息子・桃琉(とうり)君を看病するためだったことを明かした。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 横峯は4試合ぶりの出場ながら、好調を維持していた。3番パー5で1つ目のバーディーを奪い、8番パー3では、第1打をピン20センチにつけてスコアを伸ばした。13番パー5では、残り220ヤードから2オンに成功。36歳でも衰えぬキレと飛距離を見せつけた。

「今日は前半、雨に降られていたのですが、難しいコースという思いがあって、一打一打を丁寧に打てました。いいプレーができたと思います」

 4試合前の北海道meijiカップでは、今季最高位の2位に入った。最終日のスタート直前、ドライバーのシャフトをボールがつかまるタイプに替え、右へのミスが減ったことが好調の要因だった。

 そのまま約8年ぶりの復活優勝へ調子を上げるつもりだったが、桃琉君の体調不良で翌週のNEC軽井沢ゴルフトーナメントとCATレディースの出場を断念。出場登録をしていなかったニトリレディスも含めて3試合連続欠場となり、「楽しみにしてくれていたファンの方々にも申し訳なかったです。ただ、この1週間は練習を続けてラウンドもできました」と振り返った。一方で、母としての思いを口にした。

「葛藤はありましたが、息子の体調が第一優先です。今は元気になって、走り回っています。今週も一緒に来ていて、夫のご両親に見ていただいています。(ラウンドが)終わったら、会ってパワーをもらっています」

 日々成長する愛息は、玩具のゴルフクラブとボールを持って遊ぶようにもなったという。残り2日。強いママを見せるためにも、キャディーを務める夫の森川陽太郎さんと頂点を目指す。

(THE ANSWER編集部・柳田 通斉 / Michinari Yanagida)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集