[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

松山、キレキレショット披露もグリーン上で苦戦 82位から巻き返した昨年の再現狙う

米男子ゴルフの4大メジャー第2戦、全米オープンが14日に開幕。世界ランク10位の松山英樹(レクサス)は1バーディー、4ボギー、1ダブルボギーの75で、5オーバーの46位と出遅れた。それでも強風により、トップも1アンダーとスコアは伸びておらず、首位とは6打差。2日目以降の巻き返しを目指す。首位は世界ランク1位ダスティン・ジョンソン(米国)ら4人が並んでいる。

松山英樹【写真:Getty Images】
松山英樹【写真:Getty Images】

8番で3mにつける抜群のショット披露も、バーディーを奪えず初日は46位

 米男子ゴルフの4大メジャー第2戦、全米オープンが14日に開幕。世界ランク10位の松山英樹(レクサス)は1バーディー、4ボギー、1ダブルボギーの75で、5オーバーの46位と出遅れた。それでも強風により、トップも1アンダーとスコアは伸びておらず、首位との差は6打。2日目以降の巻き返しを目指す。首位は世界ランク1位ダスティン・ジョンソン(米国)ら4人が並んでいる。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 苦しんだが、最後に2日目へつながる復調の兆しを見せた。インスタートの松山はアウトの8番。フェアウエーからの第2打。残り115ヤードのショットを、ピンの右手前3メートルにつけた。バーディーこそ奪えなかったが、ショットのキレは上々。グリーン上では苦しんだが、かみ合えば上位に食らいつけそうな手応えを残して初日を終えた。

 昨年の全米オープンでは4大メジャーで最高成績となる2位タイ。悲願へあと一歩まで迫った。昨年も初日は74で、首位と9打差の82位スタート。それでも2日目に65と爆発して一気に8位まで上昇した。日を重ねるごとに強さを増すのが松山の特長。6打差なら十分に巻き返せる。

 日本勢では星野陸也が9オーバーで114位、小平智が11オーバーで134位、秋吉翔太が12オーバーで143位。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集