[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥&八重樫から指摘 武居圧勝の裏で不安になったジム会長「なぜ前日に言うのか」

ボクシングの東洋太平洋スーパーバンタム級(55.3キロ以下)タイトルマッチが26日、東京・後楽園ホールで行われ、挑戦者の元K-1王者・武居由樹(大橋)が王者ペテ・アポリナル(フィリピン)に5回2分7秒TKO勝ちした。プロボクシング転向5戦目で初のタイトル奪取。3つのダウンを奪う圧勝だったが、陣営の大橋秀行会長は前日に不安があったことを明かした。戦績は26歳の武居が5勝(5KO)、27歳のアポリナルが16勝(10KO)3敗。観衆は1420人。

5回TKO勝ちを収めた武居由樹。初タイトルを獲得した【写真:浜田洋平】
5回TKO勝ちを収めた武居由樹。初タイトルを獲得した【写真:浜田洋平】

東洋太平洋スーパーバンタム級タイトルマッチ

 ボクシングの東洋太平洋スーパーバンタム級(55.3キロ以下)タイトルマッチが26日、東京・後楽園ホールで行われ、挑戦者の元K-1王者・武居由樹(大橋)が王者ペテ・アポリナル(フィリピン)に5回2分7秒TKO勝ちした。プロボクシング転向5戦目で初のタイトル奪取。3つのダウンを奪う圧勝だったが、陣営の大橋秀行会長は前日に不安があったことを明かした。戦績は26歳の武居が5勝(5KO)、27歳のアポリナルが16勝(10KO)3敗。観衆は1420人。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 武居がセンスと強さを見せつけた。2回だ。接近しながら右フックなどを浴びせ、ダウンを先取。再開後も続けざまに連打をお見舞いし、2度目のダウンを奪った。4回にはタイミングのいい強烈な右フックが炸裂。3度目のダウンを奪い、5回の連打で相手がよろめいたところでレフェリーストップとなった。

 試合後のリングでは「大橋ジムの武居です!」と元気よく挨拶した一方、「正直、K-1のベルト返上からもう一回ボクシングでベルトを獲れるか不安だった」と吐露。その後の取材でも「プレッシャーは感じてました。ベルトを獲らないと!って」と明かした。それでも、貫録の5戦連続KO。「当日になったら平気。キック時代の方が緊張があった」と胸を張った。

 2020年12月の試合を最後にK-1を卒業。ボクシングに転向し、21年3月のデビュー戦で初回1分43秒TKO勝ちを収めると、2戦目は初回2分57秒、3戦目は初回59秒、4戦目は2回1分22秒と破竹の勢いを見せてきた。ボクシング転向後は元世界3階級制覇王者・八重樫東トレーナーに師事。八重樫氏は伸びた部分と課題を問われたが、「課題ばかりになってしまう」と厳しさを見せた。

「今日は打ち合いがあって、そこの攻防の緻密さが課題。相手が攻めてこない時にもどう崩していくか。ここまで5試合やってきて、いろんな練習をしてきたけど、つくってきたものは出せたと思う。伸びているし、少しずつボクサーらしくなってきた。一発もあるけど、コンビネーション、連打で倒すこともできれば伸びていくと思う」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集