[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、リング誌PFPで2位後退 今月判定勝ちのヘビー級ウシクが“最強”返り咲き

世界で最も権威あるボクシングの米老舗専門誌「ザ・リング」のパウンド・フォー・パウンド(PFP)最新版が日本時間25日に更新され、日本人初の1位に君臨していたWBAスーパー&IBF&WBC世界バンタム級3団体統一王者・井上尚弥(大橋)が2位に後退した。新たな1位には今月行われたWBAスーパー、IBF、WBO世界ヘビー級タイトルマッチに勝利し、初防衛に成功したオレクサンドル・ウシク(ウクライナ)が返り咲いた。

WBAスーパー&IBF&WBC世界バンタム級王者・井上尚弥【写真:荒川祐史】
WBAスーパー&IBF&WBC世界バンタム級王者・井上尚弥【写真:荒川祐史】

井上は日本人初の1位に輝いていた

 世界で最も権威あるボクシングの米老舗専門誌「ザ・リング」のパウンド・フォー・パウンド(PFP)最新版が日本時間25日に更新され、日本人初の1位に君臨していたWBAスーパー&IBF&WBC世界バンタム級3団体統一王者・井上尚弥(大橋)が2位に後退した。新たな1位には今月行われたWBAスーパー、IBF、WBO世界ヘビー級タイトルマッチに勝利し、初防衛に成功したオレクサンドル・ウシク(ウクライナ)が返り咲いた。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 井上は6月に行われたWBAスーパー&WBC&IBF世界バンタム級王座統一戦で、ノニト・ドネア(フィリピン)に2回TKO勝ち。その後更新されたリング誌のPFPで、日本人として初めての1位に輝いた。ウシクは20日(日本時間21日)にサウジアラビアで行われた試合でアンソニー・ジョシュア(英国)に2-1の判定勝ち。20戦20勝(13KO)と無敗をキープした。

 PFPとは全17階級あるボクサーの実力を比較し、体重差がなかった場合の最強選手をランキング化したもの。海外メディアが独自に格付けしているが、最も権威あるリング誌のPFPには名前が載るだけでも強者の証と言える。

 発表された最新版のランキングは下記の通り。

1位 オレクサンドル・ウシク(ウクライナ)

2位 井上尚弥(日本)

3位 テレンス・クロフォード(米国)

4位 エロール・スペンスJr.(米国)

5位 サウル・アルバレス(メキシコ)

6位 ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)

7位 ドミトリー・ビボル(ロシア)

8位 ジョシュ・テイラー(英国)

9位 ジャーメル・チャーロ(米国)

10位 アルツール・ベテルビエフ(ロシア)

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集