[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

17歳馬場咲希は“モンスターコース”で63位発進 パット入らず悔い「残り2ホールが…」【世界女子アマチュアゴルフチーム選手権】

世界女子アマチュアゴルフチーム選手権が24日、フランスのル・ゴルフ・ナショナル(パー71、6317ヤード)で開幕した。今月の全米女子アマチュアゴルフ選手権で日本人として37年ぶりの優勝を飾った馬場咲希(日本ウェルネス高2年、9月1日付で代々木高2年)も日本代表として出場。3バーディー、4ボギー、1ダブルボギーの74で回り、3オーバー。個人戦順位は63位だった。

世界女子アマチュアゴルフチーム選手権初日に登場した馬場咲希【写真:JGA】
世界女子アマチュアゴルフチーム選手権初日に登場した馬場咲希【写真:JGA】

初日は上田澪空が個人22位、橋本美月は36位

 世界女子アマチュアゴルフチーム選手権が24日、フランスのル・ゴルフ・ナショナル(パー71、6317ヤード)で開幕した。今月の全米女子アマチュアゴルフ選手権で日本人として37年ぶりの優勝を飾った馬場咲希(日本ウェルネス高2年、9月1日付で代々木高2年)も日本代表として出場。3バーディー、4ボギー、1ダブルボギーの74で回り、3オーバー。個人戦順位は63位だった。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 今大会は56チームによる4日間のストロークプレーで行われ、各チームの上位2人のスコアをもとに競う。馬場とともに昨年のアジア女子アマ覇者・橋本美月(東北福祉大2年)、今年の国内ツアー・ヤマハレディース葛城で5位に入った上田澪空(共立女子第二高2年)が出場。上田は71で個人22位、橋本は72で36位だった。日本は1オーバーで13位発進。首位は5アンダーの米国。

 馬場は日本ゴルフ協会を通じたコメントで「残り2ホールが……」と嘆いた。言葉通り、16番までは3バーディー、3ボギーのイーブンだったが、17番でダブルボギー、最終18番でボギーを打って終了。原因はパットで「後半に入ってからは、1ヤード(約90センチ)前後のパットを外し始めていました。17、18番もそうです。悔しいですね。16番まではずっと耐えていたので、今日はイーブンという感じに思っていたんですけど」などと振り返った。

 同大会は2コースを使用。初日のこの日は馬場が「モンスター」と表現していたル・ゴルフ・ナショナルでの開催。池が多い戦略性の多いコースだが、馬場は「アイアンは悪くなくて、バーディーチャンスについたところもありました」としている。ドライバーについては「ちょっと曲がったのがあった」。ラウンド後は日本チームのヘッドコーチ、ガレス・ジョーンズ氏(オーストラリア)に声を掛けられたそうで、「ティーショットの考え方を教えてもらったので、それを意識して練習してみるのと、あと、パター打つときに自信もって打つのを意識して練習したいです」と課題を挙げた。

 25日の第2日はゴルフ・ド・サンノム・ラ・ブルティッシュ(6160ヤード、パー72)で開催。日本時間午後8時6分のスタートとなり、馬場は「悪いイメージを振り切って、切り替えて頑張ります」と意気込んだ。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集