[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

原英莉花、怒涛9バーディーで暫定首位 絶好調の裏にジャンボの言葉「病院行ってこい」

女子ゴルフの国内ツアー、ニトリレディスは25日、北海道・小樽CC(6655ヤード、パー72)で開幕。原英莉花(NIPPON EXPRESSホールディングス)は9バーディー、2ボギーの65で回り、7アンダーでフィニッシュ。ホールアウト時点で暫定首位に立った。会見では、腰痛が癒えて「優勝したい意欲が湧いてきた」と心境を明かした。

ニトリレディス初日に出場した原英莉花【写真:Getty Images】
ニトリレディス初日に出場した原英莉花【写真:Getty Images】

ニトリレディス初日

 女子ゴルフの国内ツアー、ニトリレディスは25日、北海道・小樽CC(6655ヤード、パー72)で開幕。原英莉花(NIPPON EXPRESSホールディングス)は9バーディー、2ボギーの65で回り、7アンダーでフィニッシュ。ホールアウト時点で暫定首位に立った。会見では、腰痛が癒えて「優勝したい意欲が湧いてきた」と心境を明かした。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 インスタートの原は出だし10番から4連続バーディーと好発進。14番パー4でボギーを叩いたが、16、17番の連続バーディーで再び勢いづいた。後半に入り、4番パー3でスコアを落としたものの、5番パー4でバウンスバックに成功。7番でスコアを伸ばすと、最終9番パー5もバーディーを奪った。

 腰の状態が良くなかった影響で、なかなか結果が出なかった今季序盤。「気持ちばかり落ちてしまっていて『何でゴルフやってるんだろう』と思っていた時があった」という。そんな中で師匠の尾崎将司から「病院に行ってこい」といわれ、7月下旬に都内の病院で治療を受けた。

 レントゲンを撮ったところ「脊椎の部分に神経が当たっていた」。そこで注射など治療を受けると、痛みはほぼ消えたという。調子も上がり、先週のCATレディースでは今季2度目のトップ10入りとなる5位。「私の中で優勝したい意欲が沸いてきて、技術も伴ってきた」と自信も復活した。ホールアウト時点でリーダーボードの一番上に名前があったことについても「そこ(一番上)にいようという気持ちでいた」と強い気持ちを示した。

 原にとって小樽CCは「戦略性ある難しいコースだけど、大好きなコース」。それだけに「絶対に攻略して帰ろうと思っていた。残り3日あるけど、頑張りたい」と昨年11月以来の優勝を視野に入れた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集