[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

トラウト特大25号が突き刺さった驚きの着弾地点 米注目「500フィートくらい飛んだ?」

米大リーグ・エンゼルスは23日(日本時間24日)の敵地レイズ戦で1-11と大敗し、4連敗。大谷翔平投手はウイルス性胃腸炎のため途中交代した21日のタイガース戦以来2試合ぶりの先発復帰で「3番・DH」で出場したが、3打数1安打に終わった。その試合で唯一気を吐いたのがマイク・トラウト外野手。ドーム球場内の天井施設を直撃する特大の一発を放ち、米ファンからは「球を粉砕した」と衝撃的な声が上がっている。

エンゼルスのマイク・トラウト【写真:ロイター】
エンゼルスのマイク・トラウト【写真:ロイター】

敵地レイズ戦でトラウトが1500安打のメモリアル

 米大リーグ・エンゼルスは23日(日本時間24日)の敵地レイズ戦で1-11と大敗し、4連敗。大谷翔平投手はウイルス性胃腸炎のため途中交代した21日のタイガース戦以来2試合ぶりの先発復帰で「3番・DH」で出場したが、3打数1安打に終わった。その試合で唯一気を吐いたのがマイク・トラウト外野手。ドーム球場内の天井施設を直撃する特大の一発を放ち、米ファンからは「球を粉砕した」と衝撃的な声が上がっている。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 トラウトらしい豪快な一発だった。0-2の6回表1死走者なしの場面で、過去2度のサイ・ヤング賞受賞歴を持つレイズ右腕クルーバーの4球目のカーブを強振。打球はあっという間に左翼席に向かって飛んで行った。左翼手も追うのをやめた。ボールは「キャットウォーク」と呼ばれる天井設備を直撃する本塁打。492フィート(約130.8メートル)の飛距離を計測した一撃はトラウトにとってメジャー通算1500安打のメモリアルだった。

 この一発にツイッター上の米記者らも仰天した様子。MLB公式サイトのエンゼルス番レット・ボリンジャー記者は「マイク・トラウトがトロピカーナ・フィールドのキャットウォークにソロ本塁打を運んだ。25号で怪我から復帰後初の本塁打」と反応した。

 米紙「ロサンゼルスタイムズ」のビル・シャイキン記者は「マイク・トラウトが3000本への折り返し。まだ31歳だぞ」と驚きを見せ、米カリフォルニア州地元局「バリー・スポーツ・ウェスト」で解説を務めるマーク・グビザ氏は「1500安打おめでとう。マンモス級の一発だ。9度目のシーズン25本塁打以上を記録」と祝福とともに記録を紹介した。

 エンゼルス公式ツイッターは動画を公開。米ファンは「トラウトが球を粉砕した」「打球音が違う」「爆弾」「500フィートくらい飛んだのでは?」「1500本目が特大弾」「トラウトが戻ってきた」と反応している。これで1点差としたエンゼルスだったが、その後リリーフ陣が撃ち込まれて11失点の大敗。大谷も1安打に終わり、見せ場はトラウトの一発だけだった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集