[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

稲見萌寧、左手首痛の棄権から1週間で4位発進「もともと左親指の腱鞘炎があって…」

女子ゴルフ国内ツアーのCATレディース初日が19日、神奈川・大箱根CC(6638ヤード、パー72)で開催された。昨季賞金女王の稲見萌寧(Rakuten)は5バーディー、ボギーなしの67で回り、首位に1打差の5アンダーで4位発進。前週は第2日の11番終了後、左手首痛のため棄権したが、トレーナーのケアなどによって回復。ショットの調子も取り戻し、「久しぶりに楽しく回れた」と振り返った。若林舞衣子(ヨネックス)ら3人が6アンダーで首位。

首位に1打差の5アンダーで4位発進した稲見萌寧【写真:Getty Images】
首位に1打差の5アンダーで4位発進した稲見萌寧【写真:Getty Images】

CATレディース初日

 女子ゴルフ国内ツアーのCATレディース初日が19日、神奈川・大箱根CC(6638ヤード、パー72)で開催された。昨季賞金女王の稲見萌寧(Rakuten)は5バーディー、ボギーなしの67で回り、首位に1打差の5アンダーで4位発進。前週は第2日の11番終了後、左手首痛のため棄権したが、トレーナーのケアなどによって回復。ショットの調子も取り戻し、「久しぶりに楽しく回れた」と振り返った。若林舞衣子(ヨネックス)ら3人が6アンダーで首位。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 左手首痛で心配された稲見が、実力通りに上位発進した。166ヤードの3番パー3。5アイアンのコントロールショットでピン奥5メートルにつけ、1つ目のバーディーを奪った。ロングアイアンのコントロールショットは、稲見が得意とする高等テクニック。続く4番パー4でも、9アイアンでボールをピンに絡めてスコアを1つ伸ばした。

「ずっとショットが悪くて悩んでいましたけど、今日はピンに向かって飛ぶ回数が増えました。もう少し伸ばせた感じはありますが、久しぶりに楽しく回れました」

 前週の棄権理由になった「左手首痛」についても、「問題なし」を強調した。

「もともと左親指の腱鞘炎があって、(前週は)気温差があったり、練習をしすぎたことで痛みがありました。本当は最後までプレーしたかったんですけど、スタート前から怪しかったので棄権しました。それから安静にして、トレーナーにケアや治療をしてもらって、良くなりました。週末、月曜も練習を控えましたし」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集