[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

103kmの“超遅球”で奪三振 ダルビッシュと投げ合った38歳名手に笑撃「何だこの球」

米大リーグで“超遅球”の奪三振が話題だ。18日(日本時間19日)の敵地パドレス戦で、ナショナルズのアニバル・サンチェス投手が63.7マイル(約102.5キロ)のスローボールで空振り三振を奪った。技ありの一球の動画をMLB公式が公開。米ファンからは「何だこの球は」「常軌を逸した超遅球」と笑撃の声が上がっている。

ダルビッシュ有と投げ合ったアニバル・サンチェス【写真:ロイター】
ダルビッシュ有と投げ合ったアニバル・サンチェス【写真:ロイター】

ナショナルズのサンチェスが投じた一球とは

 米大リーグで“超遅球”の奪三振が話題だ。18日(日本時間19日)の敵地パドレス戦で、ナショナルズのアニバル・サンチェス投手が63.7マイル(約102.5キロ)のスローボールで空振り三振を奪った。技ありの一球の動画をMLB公式が公開。米ファンからは「何だこの球は」「常軌を逸した超遅球」と笑撃の声が上がっている。

【特集】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 完全にタイミングをずらした。1-0の3回2死一塁。トレント・グリシャム外野手を左打席に迎えた5球目だった。サンチェスの右腕から投じられたのは、63.7マイルのチェンジアップ。外角高めの球に意表を突かれた打者はバランスを崩され、フルスイングもバットは空を切った。サンチェスは直前に、同じコースに90.2マイル(約145.1キロ)の直球をズバリ。ボール判定だったが、球速差はなんと約42.6キロもあった。

 投球動画をMLB公式ツイッターが公開。文面に「64マイルの奪三振! アニバル・サンチェスが超スローボールを見せつけた」と記した。米ファンからは「最高だ」「何だこの球は」「常軌を逸した超遅球を見るのは大好きだ」「エグいね」「オーマイガー」「最初見たとき野手が技術を試してるのかと思った」と驚きまじりのコメントが寄せられていた。

 38歳のサンチェスは2006年にメジャーデビューした。この日を含め357試合登板のキャリアを持つベテラン右腕。13年にはタイガースでリーグトップの防御率2.57をマークし、最優秀防御率のタイトルを獲得した名手だ。この日は5回1安打1失点4奪三振の力投で降板。投げ合ったパドレス先発のダルビッシュも8回1/3を投げて、5安打6奪三振で3失点と投手戦だった。両者勝ち星はつかず、試合は3-1でナショナルズが勝利した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集