[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

20歳岩井千怜、2週連続Vへの“焦りを抑えた”1打差4位発進「気落ちが先走ってました」

女子ゴルフ国内ツアーのCATレディース初日が19日、神奈川・大箱根CC(6638ヤード、パー72)で開催された。前週ツアー初優勝の20歳・岩井千怜(Honda)が6バーディー、1ボギーの67で回り、首位に1打差の5アンダーで4位発進。ツアー史上3人目の初優勝からの2戦連続Vへ好位置につけた。若林舞衣子(ヨネックス)ら3人が6アンダーで首位。

首位に1打差の5アンダーで4位発進した岩井千怜【写真:Getty Images】
首位に1打差の5アンダーで4位発進した岩井千怜【写真:Getty Images】

CATレディース初日

 女子ゴルフ国内ツアーのCATレディース初日が19日、神奈川・大箱根CC(6638ヤード、パー72)で開催された。前週ツアー初優勝の20歳・岩井千怜(Honda)が6バーディー、1ボギーの67で回り、首位に1打差の5アンダーで4位発進。ツアー史上3人目の初優勝からの2戦連続Vへ好位置につけた。若林舞衣子(ヨネックス)ら3人が6アンダーで首位。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 岩井は後半に順位を上げた。12番パー3で2メートル半のバーディーパットを決めると、13番パー4でもスコアを1つ伸ばした。15番パー5、17番パー3ではミドルパットを決めてバーディー。前半はチャンスでパットを決め切れない展開だったが、10番パー4をボギーにして焦る気持ちを自分で抑えたという。

「前半を終えた時点で『もっとバーディーを獲らなければ』という感じで気落ちが先走っていました。なので、『まだホールはある。ゆっくりコツコツやって、チャンスを待とう』と思うようにしました」

 姉・明愛とともに注目を集める双子プロ。セルフコントロールが、バックスイングとフォローのリズムが同じで正確なパットストロークを取り戻した。前週と同じ伸ばし合いの展開で、首位に1打差の4位でフィニッシュした。

「パットが長いのも入ってくれましたし、調子は悪くはないと思います。攻められるところは攻められました」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集