[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

初V岩井千怜に刺激 19歳・竹田麗央が4位発進「千怜さんは優しい。私も早く優勝を」

女子ゴルフの国内ツアー・CATレディースが19日、神奈川・大箱根CC(6638ヤード、パー72)で開幕された。昨年11月の最終プロテストに一発合格した19歳の竹田麗央(ヤマエグループHD)が、5バーディー、ボギーなしの67で回り、首位に1打差の5アンダーで4位発進。元賞金女王・平瀬真由美の姪として注目を集め、今季8試合で最高は11位。前週ツアー初優勝を飾った岩井千怜(Honda)に続く初Vを目指す。若林舞衣子(ヨネックス)ら3人が6アンダーで首位。

首位に1打差の5アンダーで4位発進した竹田麗央【写真:Getty Images】
首位に1打差の5アンダーで4位発進した竹田麗央【写真:Getty Images】

CATレディース初日

 女子ゴルフの国内ツアー・CATレディースが19日、神奈川・大箱根CC(6638ヤード、パー72)で開幕された。昨年11月の最終プロテストに一発合格した19歳の竹田麗央(ヤマエグループHD)が、5バーディー、ボギーなしの67で回り、首位に1打差の5アンダーで4位発進。元賞金女王・平瀬真由美の姪として注目を集め、今季8試合で最高は11位。前週ツアー初優勝を飾った岩井千怜(Honda)に続く初Vを目指す。若林舞衣子(ヨネックス)ら3人が6アンダーで首位。

【特集】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 ルーキーの竹田が好発進した。持ち前の飛距離に加え、ショットがピンに絡んでスコアアップ。最終9番パー5は、グリーンエッジからの第3打をピン1メートルにつけて5つ目のバーディーを奪った。

「ボギーなしが良かったです。大きなミスがなく、トラブルになることなく回れました。前半はチャンスをあまり生かせませんでしたが、後半はバーディーを決められました」

 昨年11月の最終プロテストを5位で合格。母・哲子(さとこ)との母子プロは史上4組目だ。将来の夢には叔母や母が果たせなかった海外メジャー優勝を掲げているが、昨年12月のツアー予選会(QT)は1次を不通過だった。今季前半戦は5試合に主催者推薦で出場。第1回リランキングで50位に浮上し、中盤戦は今大会で3試合目だ。高卒1年目としては悪くない成績だが、「自分ではもっとできると思っています」と満足していない。

 1学年上の岩井のツアー初優勝も刺激になっている。昨年は、コロナ禍で延期された2020年度プロテストが6月に実施。この日も首位の天本、岩井と自身が4位、小倉彩愛と後藤未有が8位と20、21年度にプロテスト合格を果たした選手5人がトップ10発進した。

「千怜さんはジュニアの頃から一緒の試合に出てきた先輩で、いつも優しく接してくださいます。優勝は『すごい』と思いましたし、刺激になりました。私も早く優勝したいです」

 コースは6638ヤードと距離があり、フェアウェーが広め。飛ばし屋には有利の設定で、ドライバーショット250ヤード超の竹田は「そうですね。飛距離を生かしていきたいと思います」と言葉に力を込めた。

(THE ANSWER編集部・柳田 通斉 / Michinari Yanagida)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集