[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

陸上女子100m今季世界最高10秒62で衝撃V! 35歳フレイザープライスが史上初の快挙達成

陸上の世界最高峰シリーズ・ダイヤモンドリーグ(DL)第10戦は10日(日本時間11日)、モナコで行われ、女子100メートルはシェリーアン・フレイザープライス(ジャマイカ)が今季世界最高10秒62(追い風0.4メートル)で優勝。これにより、女子史上初の快挙を達成したと世界陸連が伝えた。

DL第10戦女子100メートルで圧勝したシェリーアン・フレイザープライス【写真:ロイター】
DL第10戦女子100メートルで圧勝したシェリーアン・フレイザープライス【写真:ロイター】

今シーズン6度目の10秒70切りは女子初「今の気持ち表現する言葉見つからない」

 陸上の世界最高峰シリーズ・ダイヤモンドリーグ(DL)第10戦は10日(日本時間11日)、モナコで行われ、女子100メートルはシェリーアン・フレイザープライス(ジャマイカ)が今季世界最高10秒62(追い風0.4メートル)で優勝。これにより、女子史上初の快挙を達成したと世界陸連が伝えた。

【特集】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 圧巻の強さだった。抜群のスタートを切ったフレイザープライス。上体を起こし、20~30メートルですでにリードを取った。エリカ・ジャクソン(ジャマイカ)ら難敵を寄せ付けず、そのまま圧勝。タイムは今季世界最高となる10秒62だった。

 10秒70を切るのは今シーズン6度目となった。世界陸連公式ツイッターによると、これは女子で世界初の快挙だという。本人はレース後にツイッターで「今の気持ちを表現する言葉がまだ見つからない」と感激の胸中を記した。

 1児の母でもあるフレイザープライスは35歳。100メートルは2008年北京、ロンドン五輪連覇を達成するなど、女子短距離のトップに長年君臨してきた。7月のオレゴン世界陸上で、奇抜なヘアスタイルとともに10秒67で優勝したことも記憶に新しいが、未だその勢いはとどまることを知らない。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集