[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

鈴木誠也、敵がガックリうなだれた特大133m弾に地元メディア歓喜「セイヤが球を粉砕」

米大リーグのカブス・鈴木誠也外野手は26日(日本時間27日)の本拠地パイレーツ戦に「3番・右翼」で先発出場。8回に貴重な追加点となる8号ソロを放ち、4-2の勝利に貢献した。地元メディアは「あれは爆弾だった」と称賛している。

パイレーツ戦で8号ソロを放った鈴木誠也【写真:ロイター】
パイレーツ戦で8号ソロを放った鈴木誠也【写真:ロイター】

本拠地パイレーツ戦で活躍

 米大リーグのカブス・鈴木誠也外野手は26日(日本時間27日)の本拠地パイレーツ戦に「3番・右翼」で先発出場。8回に貴重な追加点となる8号ソロを放ち、4-2の勝利に貢献した。地元メディアは「あれは爆弾だった」と称賛している。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 特大の一発だった。1点リードの8回無死走者なし、カウント0-2から右腕ウィル・クロウが投じた3球目を強振。打った瞬間の一発は、左翼席に飛び込む飛距離463フィート(約133メートル)の8号ソロとなった。キャリア最長の一発。打たれたクロウはマウンド上で膝に手をつき、ガックリとうなだれた。

 貴重な追加点となる特大弾に地元メディアも絶賛している。カブス専門メディア「ブリーチャー・ネーション」は「セイヤ・スズキが球を粉砕する8号本塁打」と見出しを打って記事を掲載。打球速度が105マイル(約169キロ)だったことを紹介し、敵も味方も確信した一発を「あれは爆弾だった」「試合終盤での追加点は最高だ」などと称えた。

 鈴木は初回の第1打席にも先制の左中間二塁打を放っており、4打数2安打2打点の大活躍。打率を.272まで上げた。チームも6連勝と波に乗っている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集