[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、衝撃20号直前に… 深刻トーンの放送席が爆笑した行動「彼は能弁な男です」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は23日(日本時間24日)、敵地ブレーブス戦に「1番・指名打者」で先発出場。5回の第3打席で後半戦1号となる20号ソロを放った。地元放送局では豪快な超低空弾を放つ直前の二刀流のスターの行動が大爆笑を呼ぶ展開になっていた。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

「ショウヘイ…」とバリースポーツ・ウェストの実況席が吹き出した

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は23日(日本時間24日)、敵地ブレーブス戦に「1番・指名打者」で先発出場。5回の第3打席で後半戦1号となる20号ソロを放った。地元放送局では豪快な超低空弾を放つ直前の二刀流のスターの行動が大爆笑を呼ぶ展開になっていた。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 いい人ぶりが隠しきれなかった。1-7で迎えた5回1死、先発右腕カイル・ライトの外角への変化球がワンバウンドになりボールになると、大谷は捕球に手間取る相手捕手の代わりに自らボールを回収。そして、ブレーブスのダグアウト方向に優しく投げ返したが、その直後に「ヘイヘイヘイ!」と絶叫。そして、ヘルメットを押さえながらピョンピョンとジャンプを披露した。

 どうやら駆け寄ってきたボールボーイに渡そうと投げたが、ボールボーイが気付いていなかった様子。ロサンゼルスで中継している放送局「バリースポーツ・ウェスト」の解説者、マーク・グビザ氏は深刻なトーンで勝てないエンゼルスに募るフラストレーションについて話していたが、大谷のお茶目な挙動を目の当たりにすると「ショウヘイ……」と思わず吹き出してしまった。

「ショウヘイはボールをダグアウトに返そうとしたのですが、誰かに直撃しそうになってましたよ。ウフフフ」と実況のマット・バスガーシアン氏も大谷劇場に笑いをこらえられず。大谷はボールボーイとタッチを交わすと気を取り直して打席に戻った。

「彼は能弁な男ですね」。大爆笑の2人の意見が一致した直後に大谷のバットが火を噴いた。チェンジアップを完璧に捉えて今季20号。大谷がダイヤモンドを駆け抜けた直後、審判への抗議でフィル・ネビン監督代行が退場になるハプニングもあった。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集