[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【世界陸上】35km競歩、他選手を“画面から消した”日本人の大逃げにSNS騒然「サイレンススズカ笑」

オレゴン世界陸上の男子35キロ競歩が24日、米オレゴン州ユージンで行われた。号砲から松永大介(富士通)が独歩。いきなり勝負をしかけた様子にネット上のファンからは「ツインターボやってる!!」「サイレンススズカ笑」と騒然とした様子の声が上がった。

世界陸上、男子競歩35キロで松永が開始からエンジン全開で独歩【写真:ロイター】
世界陸上、男子競歩35キロで松永が開始からエンジン全開で独歩【写真:ロイター】

オレゴン世界陸上

 オレゴン世界陸上の男子35キロ競歩が24日、米オレゴン州ユージンで行われた。号砲から松永大介(富士通)が独歩。いきなり勝負をしかけた様子にネット上のファンからは「ツインターボやってる!!」「サイレンススズカ笑」と騒然とした様子の声が上がった。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 号砲から日の丸戦士がぶっ飛ばした。松永がエンジン全開。いきなりグングンと集団を引き離し、早くも独り旅になった。1キロを3分59で通過し、2位集団とは早くも26秒差。沿道に笑顔を見せる余裕もあった。中継画面にはたった一人しか映らない異様な光景。4キロ地点は16分15で42秒差をつけた。

 従来は50キロだったが、今大会から35キロに短縮された新種目。ツイッター上のファンからは「超前半型って競歩でこんなに飛ばすんだ」「こんな大逃げパターンあるんだ」「序盤めっちゃ独走」「競歩で松永選手がツインターボやってる!!」「最初から攻めまくってる!!」「最初の1分で10秒近い差を作るって、なんじゃこれ?」「競歩の解説にサイレンススズカが出てくるとは笑」「解説がサイレンススズカで例えてた」といった反応が多く上がった。

 川野将虎(旭化成)、野田明宏(自衛隊体育学校)も出場。2位集団に入っている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集