[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

やり投げ北口榛花の歴史的快挙に「決め切るところは凄い」 決勝11位の武本紗栄も脱帽【世界陸上】

オレゴン世界陸上が22日(日本時間23日)、米オレゴン州ユージンのヘイワード・フィールドで第8日が行われ、女子やり投げ決勝で北口榛花(JAL)が63メートル27で銅メダルを獲得した。北口とともに日本勢11年ぶりとなる決勝に進出した武本紗栄(佐賀スポーツ協会)は57メートル93で11位に終わったが、北口の快挙に脱帽。自身のレベルアップを誓った。

世界陸上、女子やり投げ決勝で投てきする北口榛花【写真:Getty Images】
世界陸上、女子やり投げ決勝で投てきする北口榛花【写真:Getty Images】

オレゴン世界陸上

 オレゴン世界陸上が22日(日本時間23日)、米オレゴン州ユージンのヘイワード・フィールドで第8日が行われ、女子やり投げ決勝で北口榛花(JAL)が63メートル27で銅メダルを獲得した。北口とともに日本勢11年ぶりとなる決勝に進出した武本紗栄(佐賀スポーツ協会)は57メートル93で11位に終わったが、北口の快挙に脱帽。自身のレベルアップを誓った。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 五輪を通じ、投てき種目日本女子初のメダル獲得という北口の歴史的快挙達成に沸いた世界陸上。武本も初出場ながら決勝の舞台に進み、2投目に57メートル93をマークして一時は8位に食い込む健闘を見せたが、他の選手に抜かれて11位となって4投目以降には残れなかった。

 その後は北口の応援に回ったという武本。最終6投目のビッグスローを決めた直後は北口と抱き合って喜び「ホントに凄い。決め切るところは凄いなと」と試合後は快挙に脱帽した。

 その一方で、自身の結果については「初めての世界陸上でファイナルにいけたので成長したなというのはあったけど、やっぱりファイナルに行くだけじゃなく、戦えないと。まだまだ世界に出ていくには弱いなと思った」と冷静。「試合が終わった後は悔しかったんですけど、本当に悔しいと言えないというか、戦えていないのでそんなに悔しがれない」と複雑な胸中をのぞかせた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集