[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平でも勝てないエンゼルス 米記者は皮肉投稿「問題は乱闘を続けなかったこと」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は22日(日本時間23日)、敵地ブレーブス戦に「1番・投手兼DH」で先発出場。6回まで無失点11奪三振と好投していたが、7回に2被弾して6失点。今季5敗目を喫した。勝てば1918年ベーブ・ルース以来、104年ぶりの「年間2桁勝利&2桁本塁打」達成となっていたが、次回にお預け。勝てないエンゼルスに、米記者はまさかの“乱闘のススメ”を説いている。

ついに大谷翔平登板試合でも敗戦【写真:ロイター】
ついに大谷翔平登板試合でも敗戦【写真:ロイター】

ブレーブス戦、大谷は11奪三振も7回途中6失点

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は22日(日本時間23日)、敵地ブレーブス戦に「1番・投手兼DH」で先発出場。6回まで無失点11奪三振と好投していたが、7回に2被弾して6失点。今季5敗目を喫した。勝てば1918年ベーブ・ルース以来、104年ぶりの「年間2桁勝利&2桁本塁打」達成となっていたが、次回にお預け。勝てないエンゼルスに、米記者はまさかの“乱闘のススメ”を説いている。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 6回まで昨季世界一のブレーブス打線を無失点、11奪三振と抑え込んでいた大谷。しかし味方の援護もなく、0-0で迎えた7回にオルソンに先制2ランを被弾。アルシアにも3ランを浴びるなどこのイニング6失点で無念の降板となった。

 これで7月、チームは2勝13敗。2勝はいずれも大谷が登板して勝利した試合だったが、遂に大谷でも勝てなかった。大谷以外の投手が勝利投手となったのは、6月27日(同28日)のマリナーズ戦が最後だ。

 米スポーツメディア「ジ・アスレチック」のエンゼルス番サム・ブラム記者は、自身のツイッターで「(乱闘後)エンゼルスは4勝14敗、マリナーズは17勝2敗(乱闘日は含めていない)」と投稿した。乱闘とは、6月26日(同27日)にマリナーズ戦で起きた両軍入り乱れる大乱闘のことを指しているようで、大谷もベンチから飛び出し、興奮する相手コーチを鎮める行動が話題となっていた。

 ブラム記者は続けて「エンゼルスにとって乱闘はターニングポイントではなかったと思う。その前から苦労していた。首脳陣の出場停止やブラッドリーの負傷は痛手だったが。しかし乱闘によって問題は解決されず、さらに悪化した」と投稿したが、これに米地元紙「オレンジカウンティ・レジスター」のエンゼルス番のジェフ・フレッチャー記者も反応。「乱闘日と乱闘翌日は勝っている。問題は明らか。乱闘を続けなかったこと」と、まさかの“乱闘のススメ”を皮肉っぽく投稿していた。

 ブラム記者も「乱闘日とエレベーターを修理した日は無敗だね」と返信。勝てないエンゼルスの苦境を、番記者同士で嘆くようなやり取りを見せていた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集