[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平に「尊敬以外の何もない」 一発放ったブレーブス打者も称賛「驚異的働きだ」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は22日(日本時間23日)、敵地ブレーブス戦に「1番・投手兼DH」で先発出場。6回まで無失点11奪三振と好投していたが、7回に2被弾して6失点。今季5敗目を喫した。勝てば1918年ベーブ・ルース以来、104年ぶりの「年間2桁勝利&2桁本塁打」達成となっていたが、次回にお預け。それでも対戦したブレーブス打者は「尊敬以外の何もない。彼は最高だ」と大谷を称賛していた。

11奪三振も5敗目を喫した大谷翔平【写真:ロイター】
11奪三振も5敗目を喫した大谷翔平【写真:ロイター】

大谷はブレーブスから11奪三振も5敗目

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は22日(日本時間23日)、敵地ブレーブス戦に「1番・投手兼DH」で先発出場。6回まで無失点11奪三振と好投していたが、7回に2被弾して6失点。今季5敗目を喫した。勝てば1918年ベーブ・ルース以来、104年ぶりの「年間2桁勝利&2桁本塁打」達成となっていたが、次回にお預け。それでも対戦したブレーブス打者は「尊敬以外の何もない。彼は最高だ」と大谷を称賛していた。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 6回まで昨季世界一のブレーブス打線を無失点、11奪三振と抑え込んでいた大谷。しかし味方の援護もなく、0-0で迎えた7回にオルソンに先制2ランを被弾。アルシアにも3ランを浴びるなどこのイニング6失点。6回1/3で無念の降板となった。

 試合後、一発を放ったアルシアは、二刀流に対する尊敬の念を言葉に表している。米ジョージア州のスポーツチャンネル「バリー・スポーツ」のブレーブス専門公式ツイッターは、取材を受けた際の動画を公開。「ハッピーだ。今日勝ててうれしい。オオタニは驚異的な働きぶりだった」と語ったアルシアは、こうも称賛している。

「オオタニには尊敬以外の何もない。彼は最高だ。でも27個のアウトを取られるまでは何が起きるかは分からない。変化を起こすことはできるんだ」

 6回までほぼ完璧に抑え込まれていた大谷に敬意を示しつつ、昨季世界一球団の意地を示したことを誇らしく思っているようだった。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集