[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

北口榛花、快挙の舞台裏を天真爛漫に告白 一問一答「コーチと途中で喧嘩しちゃって(笑)」【世界陸上】

オレゴン世界陸上が22日(日本時間23日)、米オレゴン州ユージンのヘイワード・フィールドで第8日が行われた。女子やり投げ決勝では、北口榛花(JAL)は63メートル27で銅メダルを獲得。五輪を通じ、投てき種目日本女子初のメダル獲得という歴史的快挙を達成した。

世界陸上、女子やり投げで銅メダルを獲得した北口榛花【写真:ロイター】
世界陸上、女子やり投げで銅メダルを獲得した北口榛花【写真:ロイター】

オレゴン世界陸上

 オレゴン世界陸上が22日(日本時間23日)、米オレゴン州ユージンのヘイワード・フィールドで第8日が行われた。女子やり投げ決勝では、北口榛花(JAL)は63メートル27で銅メダルを獲得。五輪を通じ、投てき種目日本女子初のメダル獲得という歴史的快挙を達成した。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 1投目で62メートル07を投げ、暫定2位となった北口。以降、記録を伸ばせず5位で迎えた最終6投目に63メートル27を投げ、再び2位に浮上した。1人に抜かれたものの、3位に滑り込み、銅メダルを獲得。客席後方から降りてきたチェコ人のコーチ・セケラック氏と柵越しに抱き合い、号泣した。表彰式を終え、報道陣の取材に応じた北口は、持ち前の笑顔を何度も咲かせ、天真爛漫に快挙の舞台裏を告白。競技の途中にセケラック氏と喧嘩したことも明かした。

 主な一問一答は以下の通り。

――今の心境は。

「凄く嬉しいというのが一番。なかなかうまくいかなかった時期もたくさんあったし、海外で過ごす時間長くて家族と一緒に過ごせなかったり、友達と遊べなかったり、コーチとたくさん喧嘩したり(笑)。そういうことがあったけど、世界ユースで勝ってから世界に戻ってこられたことは凄くうれしい。このメダルが日本女子やり投げ界の勢いを加速できたらいい」

――メダルの瞬間は。

「正直、ダメだと思っていた(笑)。後ろの2人が強いと分かっていたので、絶対に抜かれると思って『ダメだ、ダメだ……』とコーチに言っていたけど、抜かれなかった時になんかもう良くわからなくて。ほっとした安心感が強かった。自然に涙が出てきました」

――投てきを振り返って。

「今季は1投目を大事にと言っているので、62メートルを投げられたことで安心した。でも安心しすぎて2、3投目がちょっとダメだった。5投目がうまくグリップを握れず、6投目はあまり自分の中では完璧な投てきができたイメージはなかった。物足りないなくらいの内容。その時点で2番まで上がると思っていなかった。映像(のメダルライン)で見ても届いてないと思って『ああ、ダメだった』と思った。

 でも、数字を見たら『2番になってない!?』って。でも、下(の選手)とは2センチくらいでしたよね。だから絶対無理と思って、コーチに『この後の選手は見るな』と言われて(笑)、スタンドの方を見ていました。コーチと途中で喧嘩もしたけど、良かったです。これで喧嘩したまま終わっていたら、最悪の雰囲気で帰ることになりそうだったので……(笑)」

――喧嘩はなぜ?

「『集中しろ、集中しろ』とめっちゃ言われて。でも、ここにいて集中しない人いないでしょと思って。毎回、言われるから凄く腹が立ってきちゃって喧嘩しちゃいました(笑)。でも、終わった後は『おめでとう』と言われました。コーチの方が緊張していたし、コーチの方が投げる時に力んでいたと思います」

――コーチとの歩みを振り返って。

「違った文化を受け入れることはそう簡単じゃない。長い移動もたくさんして日本に来てくれる。チェコに家族がいて、他に教えている子もいながら、私のためだけにそういう行動を取ることができない。凄く感謝しています」

――2投目以降の心境は。

「5位くらいまで落ちた時は、これが私が乗り越えなければいけない局面だと思った。ここ最近はそういう試合なくて、6投目強いイメージはないと思うけど、高校時代は強かったので。その時を思い出して『6投目できる子だ』と思ってやりました(笑)。誰より投げるということはなく、自分がもっと投げられるのに投げられていないのが嫌だったので、自分が投げられる最大の距離を投げたいと思って臨んだ」

――メダルは重いか。

「軽いです(笑)。でも、自分の名前が彫ってある。世界ユースで勝った時にウィニングランをしてなくて、国歌も聞けなかった。国歌を聞けたら良かったけど、一つ夢が叶って良かった。(少し出遅れたが)私も走っていいの? 3位も走っていいの? 1位だけなのかなと思って(笑)」

――来年の世界陸上(ブダペスト)、再来年のパリ五輪に向けて。

「ブダペストはコーチの計算ではチェコから近い。600キロあるけど、車で行くらしいです(笑)。コーチの家族にも恩返しできるチャンス。パリに向けても(今回は)入賞を目標にしていて、入賞を目標にしてメダルが欲しくなってもくれないか……と思ったけど、こうやってメダルを獲ることができて、また同じようにメダルを獲り続けて、最終的には一番良い色のメダルを獲れるように頑張りたい」

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集