[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

400mリレー日本女子、11年ぶり日本新43秒33も組7着で予選敗退「世界との差は凄いと…」【世界陸上】

オレゴン世界陸上が22日(日本時間23日)、米オレゴン州ユージンのヘイワード・フィールドで第8日が行われた。女子4×100メートルリレー予選1組で日本は43秒33で11年ぶりに日本記録を塗り替えたが、組7着で初の決勝進出は逃した。

リレー日本女子代表の御家瀬緑、兒玉芽生、君嶋愛梨沙、青木益未(左から)【写真:Getty Images】
リレー日本女子代表の御家瀬緑、兒玉芽生、君嶋愛梨沙、青木益未(左から)【写真:Getty Images】

オレゴン世界陸上

 オレゴン世界陸上が22日(日本時間23日)、米オレゴン州ユージンのヘイワード・フィールドで第8日が行われた。女子4×100メートルリレー予選1組で日本は43秒33で11年ぶりに日本記録を塗り替えたが、組7着で初の決勝進出は逃した。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 日本は青木益未―君嶋愛梨沙―児玉芽生―御家瀬緑の走順。前半2人は上位争いに加わったが、各国の実力者が揃う3、4走で突き放された。組7着で予選敗退となったものの、2011年に記録した日本記録43秒39(北風沙織―高橋萌木子―福島千里―市川華菜)を0秒06更新。レース後は選手たちに笑みも見られた。

 選手のコメントは以下の通り。

1走 青木益未「(メンバー)5人でやってきて、しっかり1走は走る距離が短いので、突っ込んでいくつもりで、いい流れをあとの3人で作りたかった。(明日に控える自身の)ハードルのことは考えず、予選に全力を注げた」

2走 君嶋愛梨沙「(日本記録について)このリレーチームを組んだ時に日本記録を絶対更新しようと言っていた。そのことは素直にうれしい」

3走 児玉芽生「(昨年は東京五輪を経験し)昨年の試合では出場しただけで、戦うことができなかった。今年は勝負しようと、チームで気持ちを固めてやってきた。日本記録が出たことは嬉しいけど、世界との差を強く痛感した」

4走 御家瀬緑「(アンカーを務めて)私としては初の世界大会で、アスリートとして第一歩を踏み出した。世界との差は凄いなと身をもって感じた。これからの陸上人生で良い経験になった。今後は日本チームが決勝に残る目標をしっかりと掲げ、まだまだタイムは伸ばせると思うので一丸となって戦いたい」

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集