[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、世界一球団に投げた驚異的スライダーにSNS仰天「ストライクゾーン横断したぞ…」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は22日(日本時間23日)、後半戦初戦の敵地ブレーブス戦に「1番・投手兼DH」で先発出場。昨季世界一のチームを相手に、初回のマウンドは2奪三振と上々の立ち上がりを見せた。日本のファンはスライダーに注目。「ストライクゾーン横断してボールになってる」と驚きの声が上がった。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

勝利投手になれば104年ぶり年間2ケタ勝利&2ケタ本塁打

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は22日(日本時間23日)、後半戦初戦の敵地ブレーブス戦に「1番・投手兼DH」で先発出場。昨季世界一のチームを相手に、初回のマウンドは2奪三振と上々の立ち上がりを見せた。日本のファンはスライダーに注目。「ストライクゾーン横断してボールになってる」と驚きの声が上がった。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 偉業がかかった初回のマウンド。大谷の鋭い変化球が冴えた。先頭打者アクーニャJr.を140キロを超える高速スプリットで空振り三振に仕留めると、続く右打者スワンソンにはスライダーだ。内角ボールゾーンから大きく横滑りし、最後はアウトコースに決まるほどの変化量。タイミングも狂ったスワンソンのバットは空を切った。

 続くオルソンも左飛に抑え、初回は三者凡退。「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米国の投球分析家ロブ・フリードマン氏はツイッターに「ショウヘイ・オオタニ、初回の2奪三振」と記し、大谷の投球映像も公開した。

 ツイッター上の日本人ファンはスライダーの変化量に仰天した模様。「相変わらず大谷のスライダーの曲がり方えげつないな」「パワプロのスライダーじゃん。。。」「ホームベースの横幅以上変化してる」「ランディジョンソン並だろ」「曲がりすぎてストライクゾーン横断したぞ…」「ストライクゾーン横断してボールになっててわらう」などとコメントが集まっていた。

 大谷は前半戦で投手として9勝、打者として19本塁打をマーク。この試合で勝利投手になれば1918年ベーブ・ルース(当時レッドソックス)以来、104年ぶりの年間2桁勝利&2桁本塁打の偉業を達成する。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集