[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

田中希実、レース前の仕草にSNS注目 疲労心配も「ピョンピョン可愛い」「涙出てきた」

オレゴン世界陸上が21日(日本時間22日)、米オレゴン州ユージンのヘイワード・フィールドで第7日が行われ、女子800メートル予選では田中希実(豊田自動織機)が2分3秒56の6組7着。日本人初の準決勝進出を逃した。果敢な挑戦に称賛が集まる中、レース前の選手紹介の際の仕草が日本人ファンのハートをわしづかみにした。

世界陸上に出場している田中希実【写真:Getty Images】
世界陸上に出場している田中希実【写真:Getty Images】

オレゴン世界陸上

 オレゴン世界陸上が21日(日本時間22日)、米オレゴン州ユージンのヘイワード・フィールドで第7日が行われ、女子800メートル予選では田中希実(豊田自動織機)が2分3秒56の6組7着。日本人初の準決勝進出を逃した。果敢な挑戦に称賛が集まる中、レース前の選手紹介の際の仕草が日本人ファンのハートをわしづかみにした。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 今大会、日本女子としては過去に例がない800メートル、1500メートル、5000メートルの個人3種目に出場。1500メートルでは準決勝まで進出し、20日(同21日)の5000メートルでは全体14番手に入って決勝に進出を果たした後の800メートルということで疲労蓄積が懸念されていたが、レース前はそんな不安をかき消すような仕草を見せた。

 選手紹介で「ノゾミ タナカ」のコールを受けると、ピョンピョンと飛び跳ねてカメラに向けて手を振ってニッコリ。普段はクールなイメージの田中の姿に日本のファンからは「良い笑顔だね」「こっちもうれしくなる」「珍しい~」「紹介のときぴょんぴょんしてるのがかわいかった」「楽しみたいという言葉の通りスタート前が笑顔でよかった」「スタートラインの笑顔からの走り見てたら涙出てきたわ」など萌えコメントが寄せられた。

 800メートルで日本人初の準決勝進出は逃した田中だが、「3種目に挑戦したことが自分にとって良かったと思える終わり方をしたい」と気持ちを23日(同24日)の5000メートル決勝に向けて切り替えた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集