[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 意外と新候補は「日本人」? アスリート長者番付に女子が1人も入らなかった理由

意外と新候補は「日本人」? アスリート長者番付に女子が1人も入らなかった理由

米経済紙「フォーブス」はこのほど、恒例の2018年スポーツ長者番付を掲載。2億8500万ドル(約313億円)で1位だったボクシングのフロイド・メイウェザー(米国)を筆頭に、3460万ドル(約38億円)で日本人1位だったテニスの錦織圭(日清食品)ら、世界の一流アスリートがズラリと顔をそろえたが、一方でトップ100に女子選手はゼロ。同誌は「なぜ、スポーツ長者番付に女子が1人もランクインしなかったのか」と見出しを打って特集している。

大坂なおみ【写真:Getty Images】
大坂なおみ【写真:Getty Images】

トップ100に“女子ゼロ”の理由をフォーブス誌が特集「男女の収入差を浮き彫りに」

 米経済紙「フォーブス」はこのほど、恒例の2018年スポーツ長者番付を掲載。2億8500万ドル(約313億円)で1位だったボクシングのフロイド・メイウェザー(米国)を筆頭に、3460万ドル(約38億円)で日本人1位だったテニスの錦織圭(日清食品)ら、世界の一流アスリートがズラリと顔をそろえたが、一方でトップ100に女子選手はゼロ。同誌は「なぜ、スポーツ長者番付に女子が1人もランクインしなかったのか」と見出しを打って特集している。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 記事では、スポーツ長者番付について「プロスポーツにおける男女の収入差を浮き彫りにするものだった」と評している。リストを2010年に50人(2012年から100人)に拡大して以来、初めて女性が入らず、テニスのセリーナ・ウィリアムズ(米国)は1800万ドル(約19億8000万円)で女子トップだったが、全体トップ100に入る2290万ドル(約25億2000万円)とは、およそ500万ドル(5億5000万円)の差があったと伝えている。

 いったい、その原因はなぜなのか。記事では「今年の女性の不在には複数の要因がある」と指摘している。かつてリストの常連だったテニスの李娜(中国)は2014年に引退、11年連続ランクインしていたテニスのマリア・シャラポワ(ロシア)が禁止薬物使用による15か月の欠場、今回の女子1位だったウィリアムズも妊娠・出産のため14か月間、大会から遠ざかったことなどを理由として挙げている。

1 2
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー