[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

小池祐貴、コロナ陽性で男子200m予選当日に欠場 泉谷&岸本も… 日本は計15人に感染拡大【世界陸上】

日本陸上競技連盟は19日、オレゴン世界陸上男子200メートルに出場予定だった小池祐貴ら3選手が新型コロナウイルス陽性判定を受けたことを発表した。小池は18日(日本時間19日)の同予選を当日に欠場。大会開幕後の日本選手団の感染者は選手6人、役員・指導者9人の計15人となった。

小池祐貴【写真:Getty Images】
小池祐貴【写真:Getty Images】

オレゴン世界陸上

 日本陸上競技連盟は19日、オレゴン世界陸上男子200メートルに出場予定だった小池祐貴ら3選手が新型コロナウイルス陽性判定を受けたことを発表した。小池は18日(日本時間19日)の同予選を当日に欠場。大会開幕後の日本選手団の感染者は選手6人、役員・指導者9人の計15人となった。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 22日(同23日)の男子4×100メートルリレーでは、1走を坂井隆一郎、2走をサニブラウン・ハキームが務める予定。小池はリレーメンバー最年長の27歳で、これまでの経験から3走かアンカーを任される見通しが強かった。発表では「(感染者は)選手団との隔離のため別棟にて5日間(検査日を0日として翌日から5日間)の安静加療を行う」としてるため、リレーも出られない。

 小池のほか、男子110メートル障害に出場した泉谷駿介、男子400メートル障害に出場した岸本鷹幸、日本選手団の黒木純コーチも陽性判定を受けたことを発表。小池、岸本、黒木コーチは発熱のため、泉谷は帰国に必要なため検査を受けたという。これまで選手では、男子マラソン代表の鈴木健吾、女子マラソン代表の一山麻緒と新谷仁美もレース前に陽性に。いずれも欠場した。

 日本選手団は新型コロナウイルスワクチンを2回以上接種済み。出発時に成田空港にて抗原検査(定性)を受け、陰性を確認した上で出国した。出発以降も感染防止対策の強化としてN95マスクの着用などを実施した。今大会の感染拡大を受け、食事は日本選手団内で選手と役員が別々の食事会場を設定。さらにそれぞれの会場内で日本選手団占有の個室を利用している。宿舎についても、日本選手団役員専用の宿泊棟が新たに用意されていた。

 日本陸連は、発表を通じ「今後も、感染リスクを最小限に抑えた中で、健康状態の把握や感染症対策の行動を徹底に努めつつ、日本選手団ドクターと関係当局の指導に基づいて対応してまいります」とした。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集