[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

110m障害決勝のわずか4分前に悲劇 バス間違えで話題になった東京五輪王者が故障→棄権【世界陸上】

オレゴン世界陸上は17日(日本時間18日)、米オレゴン州ユージンで第3日が行われた。男子110メートル障害決勝では、東京五輪金メダリストのハンスル・パーチメント(ジャマイカ)がレース4分前の故障を発生し、棄権した。

世界陸上、男子110mのハンスル・パーチメント【写真:ロイター】
世界陸上、男子110mのハンスル・パーチメント【写真:ロイター】

オレゴン世界陸上

 オレゴン世界陸上は17日(日本時間18日)、米オレゴン州ユージンで第3日が行われた。男子110メートル障害決勝では、東京五輪金メダリストのハンスル・パーチメント(ジャマイカ)がレース4分前の故障を発生し、棄権した。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 アクシデントはわずか号砲予定4分前の出来事だった。パーチメントはレース前のアップでハードルの2台目を飛んだ直後に減速。脚を気にする仕草を見せ、コース脇の芝生に仰向けに倒れ込んだ。右太もも裏を押さえており、そのまま欠場した。

 パーチメントといえば、東京五輪決勝当日に選手村からバスを乗り間違え、競泳会場に到着。その場にいた女性スタッフ、河島ティヤナさんの機転とサポートにより、タクシーでなんとか会場にたどり着き、金メダルを獲得した。翌日に感謝を述べに競泳会場を訪れ、河島さんと再会。金メダルを手渡し、ジャマイカのジャージを贈った。“奇跡の金メダル”と2人の交流は当時、大きな注目を集めた。

 準決勝では余裕の走りで組1着でゴール。東京五輪に続く世界大会連覇に期待が集まっていたが、無念の結末となった。レースはグラント・ホロウェイ(米国)が大会連覇を達成した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集