[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

田中希実、他選手の転倒&接触も言い訳せず 不運の敗退に「位置取りが下手だった」【世界陸上】

オレゴン世界陸上が16日(日本時間17日)、米オレゴン州ユージンのヘイワード・フィールドで第2日が行われた。女子1500メートル準決勝では、田中希実(豊田自動織機)が4分5秒79の2組7着で決勝進出を逃した。ラスト80メートル付近で転倒した他選手の煽りを受けるアクシデントがあった。昨年東京五輪で日本人初の8位入賞した種目。世界陸上でのこの種目予選通過は日本人初だった。

世界陸上、女子1500メートル準決勝で7着となり決勝進出を逃した田中希実【写真:Getty Images】
世界陸上、女子1500メートル準決勝で7着となり決勝進出を逃した田中希実【写真:Getty Images】

オレゴン世界陸上

 オレゴン世界陸上が16日(日本時間17日)、米オレゴン州ユージンのヘイワード・フィールドで第2日が行われた。女子1500メートル準決勝では、田中希実(豊田自動織機)が4分5秒79の2組7着で決勝進出を逃した。ラスト80メートル付近で転倒した他選手の煽りを受けるアクシデントがあった。昨年東京五輪で日本人初の8位入賞した種目。世界陸上でのこの種目予選通過は日本人初だった。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 最後にまさかの展開が待っていた。号砲から激しい位置取りが繰り広げられ、田中は最初の100メートルで集団後方に。しかし、直後のストレートで先頭に出た。主導権は渡さない。400メートルは1分06秒24、800メートルは2分13秒04で引っ張った。900メートルで先頭を譲り、徐々に後退。ラスト1周のスピードアップにくらいついた。しかし、最後コーナーから直線に近く際に内側を走る選手が転倒した。接触した田中は外に膨れ、スパートが遅れた。

 5番手を争っていたが、このブレーキも響いて4分5秒79の組7着。上位5着+2人の決勝進出の条件にはタイムで届かず。レース後の中継局インタビューでは接触があったことについて「途中から着順狙いの展開になり、だいぶ接触は多かった」と振り返っていたが、ミックスゾーンの取材でも言い訳はせず。

「予選と違って、ラストが縦長(の隊列)になっていなかったので、もしかしてもっと(位置が)上がれたかもしれない。いきたいところでいけなかった」と話し、「ラスト100メートルのスプリントがないので、その着順(位置取り)を入れてない時点で敗れていた。位置取りが下手だった。いくならいくで、ペースが落ちたら思い切って出るべきだった。準決だったらハイペースになるだろうという思いが先走っていた」とあくまでも自分の位置取りを敗因に挙げた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集