[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

サニブラウン、日本人初の世界陸上100m決勝7着に笑顔「やれるだけのことやった」

オレゴン世界陸上が16日(日本時間17日)、米オレゴン州ユージンのヘイワード・フィールドで第2日が行われた。男子100メートル決勝では、同種目日本人初のファイナリストとなったサニブラウン・ハキーム(タンブルウィードTC)は10秒06(向かい風0.1メートル)で7着だった。カーリー(米国)が9秒86で優勝し、表彰台を米国勢が独占した。

世界陸上、決勝で激走するサニブラウン・ハキーム(右)【写真:ロイター】
世界陸上、決勝で激走するサニブラウン・ハキーム(右)【写真:ロイター】

オレゴン世界陸上

 オレゴン世界陸上が16日(日本時間17日)、米オレゴン州ユージンのヘイワード・フィールドで第2日が行われた。男子100メートル決勝では、同種目日本人初のファイナリストとなったサニブラウン・ハキーム(タンブルウィードTC)は10秒06(向かい風0.1メートル)で7着だった。カーリー(米国)が9秒86で優勝し、表彰台を米国勢が独占した。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 1レーンから出たサニブラウンは中盤まで食らいついたものの、後半に遅れた。それでも、レース後はトラックに座り込んだ後、さばさばとした表情で笑みも浮かべた。「ちょっと準決勝で使い切った感じあった。体の状態は良かった、最後の詰めが甘かった」と話した。

 スタート前は「準決勝より緊張してなくて、わりと冷静で」といい、「あとはこれを体験して糧にして、来年リベンジしてメダルを獲りたい」と口にした。日本人初のファイナリストとなり、「自分自身ものすごく悔しいけど、やれるだけのことやってここまで来た。最終的には凄く満足できる世界陸上になった」と語った。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集