[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 世界女王オズモンドが来季GPシリーズを欠場 「次の段階の判断には時間が必要」

世界女王オズモンドが来季GPシリーズを欠場 「次の段階の判断には時間が必要」

フィギュアスケートの2017-18シーズンの世界選手権で優勝したケイトリン・オズモンド(カナダ)が4日、来季のグランプリ(GP)シリーズを欠場することを表明した。カナダスケート連盟が発表している。

ケイトリン・オズモンド【写真:Getty Images】
ケイトリン・オズモンド【写真:Getty Images】

五輪銅、世界選手権金の22歳、現役は続ける意向

 フィギュアスケートの2017-18シーズンの世界選手権で優勝したケイトリン・オズモンド(カナダ)が4日、来季のグランプリ(GP)シリーズを欠場することを表明した。カナダスケート連盟が発表している。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

 平昌五輪でアリーナ・ザギトワ、エフゲニア・メドベージェワ(共にロシア)に次ぐ銅メダルに輝き、世界選手権ではカナダ人として45年ぶりとなる優勝という快挙を達成した22歳のオズモンドは、同連盟を通じてコメントした。

「この数年間、私は照準を2018年冬季五輪に当て、目標達成のため尽力しました。2017~18年シーズンは私の期待を大きく超えるものとなり、新たに照準を定め、自分のキャリアの次の段階を判断するには時間が必要になりました」

 現役は続ける意向で「競技と演技を未だ愛しており、そのあいだ別の心躍る機会を探りたいと思います」としている。

(THE ANSWER編集部)

全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー