[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 楢崎智亜、「イチかバチか」で逆転2位 自国で掴んだ収穫「攻められたことは成長」

楢崎智亜、「イチかバチか」で逆転2位 自国で掴んだ収穫「攻められたことは成長」

スポーツクライミングのワールドカップ(W杯)ボルダリング第5戦(エスフォルタアリーナ八王子)は3日、男子準決勝、決勝が行われ、楢崎智亜(TEAM au)が自国開催で2年連続2位。それでも、最終課題を一発でクリアするなど沸かせ、逆転で表彰台を掴んだ。杉本怜(北海道連盟)が3位に入った。

ボルダリングW杯男子で2位に輝いた楢崎智亜(左)と3位に入った杉本怜(右)【写真:奥井隆史】
ボルダリングW杯男子で2位に輝いた楢崎智亜(左)と3位に入った杉本怜(右)【写真:奥井隆史】

ボルダリングW杯、最終課題を一発クリアで沸かせる

 スポーツクライミングのワールドカップ(W杯)ボルダリング第5戦(エスフォルタアリーナ八王子)は3日、男子準決勝、決勝が行われ、楢崎智亜(TEAM au)が自国開催で2年連続2位。それでも、最終課題を一発でクリアするなど沸かせ、逆転で表彰台を掴んだ。杉本怜(北海道連盟)が3位に入った。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

 最後に楢崎が魅せた。完登できずに迎えた決勝の第4課題。「これを一撃でいかないと優勝はないとわかっていた。集中力MAXで行った。イチかバチか」と果敢にチャレンジし、一発でクリアした。ガブリエル・モロニ(イタリア)も一撃でクリアし、優勝こそさらわれたが、自国開催に詰めかけた2453人のファンを盛り上げた。

「優勝を目指してきて2位になったけど、最後に追い込まれて1回でいけたことは良かった」。スポーツクライミングが東京五輪に採用され、盛り上がりを見せた昨年大会も2位。しかし、収穫もあった。「勝てるようになったきた中で、なかなか攻められなかった。最後にイチかバチかが決まって、攻められたことは成長かなと思います」と前を見据えた。

 もちろん、大目標の2020年の金メダルへ向けて満足することはない。「当面の目標は世界選手権で優勝すること。東京五輪に向けてもリードとスピードを上げて3種目で勝てるようにしたい」と語った楢崎。自国開催で掴んだ収穫と課題を成長の糧にする。

自国開催で2年連続2位となった楢崎智亜【写真:奥井隆史】
自国開催で2年連続2位となった楢崎智亜【写真:奥井隆史】

(THE ANSWER編集部)

全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー