[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 田中将大、曲がりすぎの“魔球”に米解説大興奮 「スイングを止められません」

田中将大、曲がりすぎの“魔球”に米解説大興奮 「スイングを止められません」

米大リーグ、ヤンキースの田中将大投手が2日(日本時間3日)、敵地オリオールズ戦に先発登板。6回途中で8安打、今季自身ワーストの3被弾され4失点したが、三振は7つ奪った。味方の援護にも恵まれ、自信5連勝で7勝目(2敗)を挙げた。決して盤石の内容ではなかったが、この日3つ目の三振を奪ったシンカーに現地の解説は「まるでウィッフルボールです」と大興奮だった。

オリオールズ戦に先発登板した田中将大【写真:Getty Images】
オリオールズ戦に先発登板した田中将大【写真:Getty Images】

6回途中4失点で7勝目、マチャドを斬った曲がりすぎシンカーに現地興奮

 米大リーグ、ヤンキースの田中将大投手が2日(日本時間3日)、敵地オリオールズ戦に先発登板。6回途中で8安打、今季自身ワーストの3被弾され4失点したが、三振は7つ奪った。味方の援護にも恵まれ、自信5連勝で7勝目(2敗)を挙げた。決して盤石の内容ではなかったが、この日3つ目の三振を奪ったシンカーに現地の解説は「まるでウィッフルボールです」と大興奮だった。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 驚愕の変化量を誇る1球で、オリオールズの主軸を手玉にとった。4-2の3回だ。1死一塁で打席には3番・マチャド。カウント1-2からの5球目。田中が勝負球に投じたボールは、ストライクゾーンからマチャドの手元で急激に内角へ曲がった。

 体に当たりそうなくらい、内に切れ込んできたボールだが、スイングにいったマチャドのバットは止まらない。捕手のサンチェスも捕球しそこなうほどの変化量。MLB公式によると、88.5マイル(約142キロ)のシンカーだった。

 この1球に地元テレビ局「MASN」の解説者は「まるでウィッフルボールです。スイングを止めようとしましたが、ぐるっと回ってしまいました」と興奮気味。

 現地中継を担当する「YES Network」の解説を務めるケン・シングルトン氏も「彼はなんとか持ちこたえようとしました。内側に変化していきました。多くの打者がスイングを止めようとしますが、できません」と変化量に舌を巻いていた。

 7勝はセベリーノの8勝に次いでチーム2位。防御率4.79とやや安定感には欠けているが、持っているボールは超一級品だと改めて示した格好だ。

1 2
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー