[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 野口啓代、観客を煽って完登 2453人と一つになった涙の地元V「あの声援なければ…」

野口啓代、観客を煽って完登 2453人と一つになった涙の地元V「あの声援なければ…」

スポーツクライミングのワールドカップ(W杯)ボルダリング第5戦(エスフォルタアリーナ八王子)は3日、女子準決勝、決勝が行われ、野口啓代(TEAM au)が優勝。自身2度目となる3連勝でW杯通算21勝とし、自国開催のW杯で涙のVを飾った。2位に野中生萌(TEAM au)が入り、日本勢のワンツーフィニッシュとなった。

ボルダリングW杯女子で優勝を果たした野口啓代(中央)と2位に輝いた野中生萌(左)【写真:奥井隆史】
ボルダリングW杯女子で優勝を果たした野口啓代(中央)と2位に輝いた野中生萌(左)【写真:奥井隆史】

ボルダリングW杯、第一人者が自国開催でW杯通算21勝目「声援なければ登れなかった」

 スポーツクライミングのワールドカップ(W杯)ボルダリング第5戦(エスフォルタアリーナ八王子)は3日、女子準決勝、決勝が行われ、野口啓代(TEAM au)が優勝。自身2度目となる3連勝でW杯通算21勝とし、自国開催のW杯で涙のVを飾った。2位に野中生萌(TEAM au)が入り、日本勢のワンツーフィニッシュとなった。

【特集】「与えられるものは有限、求めるものは無限」 金メダルの裏にあった“覚悟” / スピードスケート 小平奈緒さんインタビュー(GROWINGへ)

「絶対、離さない」。野口はすべての思いを右腕に込めた。決勝、最終課題をクリア。沸き起こる大歓声を壁の頂で一身に浴びた。悲願の自国開催のW杯を制覇。優勝者として名前をコールさせると、思わずこみ上げるものがあった。「日本で優勝したいと思っていた。勝ちたいと思っていた大会でやっと勝てた」。自身2度目の3連勝でW杯通算21勝目でも、この1勝は格別だった。

 会場と一つになった。準決勝からオール一撃でクリアし、迎えた第2課題。2回連続で失敗した。すると客席に向き直り、両手を挙げて観客を煽った。「パワフルな課題で疲れてしまって。このままじゃ登れないと、自然と出ました」。大観声を背に受け、直後に完登。「あの声援がなければ登れなかった」。全員が失敗した第3課題は跳ね返されたが、勝負の第4課題を一撃で決めた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー