[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 錦織、ティエム戦は死闘必至!? 英メディア分析「パワーに対抗できない。しかし…」

錦織、ティエム戦は死闘必至!? 英メディア分析「パワーに対抗できない。しかし…」

テニス男子シングルス世界ランク21位の錦織圭(日清食品)は3日の全仏オープン4回戦で世界ランク8位のドミニク・ティエム(オーストリア)と激突する。好調選手同士の一戦は、テニスファン必見の「ポップコーンマッチ」と脚光を浴びているが、英テニス専門メディア「LiveTennis」も「ニシコリの運勢そしてランキングは明らかに好転している」と注目している。

錦織圭【写真:Getty Images】
錦織圭【写真:Getty Images】

クレーコートで調子を上げる両者の激突は激戦必至

 テニス男子シングルス世界ランク21位の錦織圭(日清食品)は3日の全仏オープン4回戦で世界ランク8位のドミニク・ティエム(オーストリア)と激突する。好調選手同士の一戦は、テニスファン必見の「ポップコーンマッチ」と脚光を浴びているが、英テニス専門メディア「LiveTennis」も「ニシコリの運勢、そしてランキングは明らかに好転している」と注目している。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

 ローランギャロスのセンターコートで行われる注目の一戦まであとわずか。英メディアもこのマッチアップにスポットライトを浴びせている。

 24歳のティエムはマドリード・オープンで“赤土の帝王”ラファエル・ナダル(スペイン)を倒した勢いがある。一方、怪我の影響で世界ランクを落とした錦織だが、クレーシーズンに入って好転。モンテカルロ・オープンでは決勝でナダルに敗れはしたが、復活を印象付けるファイナル進出を果たした。

 クレーコートで好調の両者の対決。同メディアはティエムが厳しいスケジュールをこなしながら、全仏に進んできたことを紹介。準々決勝では世界ランク3位で、第2シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)と対戦する可能性があることを伝えつつも、その前に錦織が立ちはだかるとしている。

1 2
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー