[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 井上尚弥の昇級でSF級戦線が活性化!? かつてのライバル母国紙「安堵のため息が…」

井上尚弥の昇級でSF級戦線が活性化!? かつてのライバル母国紙「安堵のため息が…」

ボクシングで日本最速16戦目で3階級制覇を達成したWBAバンタム級世界王者・井上尚弥(大橋)。5月のバンタム級転向初戦で、10年間無敗だったジェイミー・マクドネル(英国)に、わずか112秒でTKO勝ちした。「The Monster」の異名通りの強さを見せた井上が階級を上げたことで、「スーパーフライ級の王者たちはホッと胸を撫で下ろすだろう」と、タイ地元紙「バンコク・ポスト」が報じている。

井上尚弥【写真:Getty Images】
井上尚弥【写真:Getty Images】

バンタム級転向初戦で衝撃の強さ見せた井上、かつてのライバル母国紙が安堵!?

 ボクシングで日本最速16戦目で3階級制覇を達成したWBAバンタム級世界王者・井上尚弥(大橋)。5月のバンタム級転向初戦で、10年間無敗だったジェイミー・マクドネル(英国)に、わずか112秒でTKO勝ちした。「The Monster」の異名通りの強さを見せた井上が階級を上げたことで、「スーパーフライ級の王者たちはホッと胸を撫で下ろすだろう」と、タイ地元紙「バンコク・ポスト」が報じている。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

 ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)を倒した男として名を馳せた、WBCスーパーフライ級世界王者シーサケット・ソールンビサイのお膝元タイメディアはスーパーフライ級で起きた異変を伝えている。

 それは井上のバンタム級転向だ。「ナオヤ・イノウエはバンタム級への昇級を成功。怪物的な日本のファイターは115ポンドの階級のキングであるシーサケットの最大の脅威と見なされていた」と同紙は伝えている。

 井上の衝撃的な3階級制覇はタイボクシング界も驚かせた。記事では「イノウエはスーパーフライ級を去り、バンタム級のベルトを加えた。3階級王者となり、ゾッとするような形で、WBA王者ジェイミー・マクドネルをわずか112秒で打ち負かした」と振り返っている。

1 2
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー