[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、投げ負けたWソックス投手も7勝&11Kを称賛「チーム全体の問題に答え出した」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は29日(日本時間30日)、本拠地ホワイトソックス戦に「3番・投手兼DH」で先発出場。6回途中5安打無失点、11奪三振の力投で7勝目をマークした。6月はこれで4勝目。投げ負けた相手先発のマイケル・コペック投手は「彼は今夜素晴らしい仕事をした」と大谷を称えていた。

ホワイトソックス戦に先発したエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
ホワイトソックス戦に先発したエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

大谷はホワイトソックス相手に7勝目&11Kをマーク

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は29日(日本時間30日)、本拠地ホワイトソックス戦に「3番・投手兼DH」で先発出場。6回途中5安打無失点、11奪三振の力投で7勝目をマークした。6月はこれで4勝目。投げ負けた相手先発のマイケル・コペック投手は「彼は今夜素晴らしい仕事をした」と大谷を称えていた。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 粘りの投球で、無失点に封じた。大谷は初回に3つのアウトを全て三振で奪うなど、13奪三振をマークした前回登板に続いて好投。気合の108球で今季7勝目を記録した。4回には今季最速タイの101マイル(約162.5キロ)を計測。球数を要して5回2/3で降板したものの、2戦連続の2ケタとなる11奪三振。今シーズン100奪三振にも到達した。

 試合後、MLB公式サイトは相手先発のコペックのコメントも記事で伝えている。大谷より短い5回1/3で降板。初回に2失点、6回にもレンヒーフォに4号2ランを浴びるなど5安打4失点で5敗目(2勝)を喫したが「彼(大谷)は今夜マウンド上で素晴らしい仕事をした」と投げ合った大谷を称えている。

 エンゼルスはシーズン序盤は好調だったが、今月球団史上ワーストの14連敗を記録するなど勢いが止まり、投打に精彩を欠く試合が増えていた。前日は17号ソロを放ち、この日は力投した大谷にコペックも感銘を受けた様子。「彼自身の問題というか、チーム自体の問題すべてに答えを出した感じだった。彼ら(エンゼルス)は攻撃面で苦しんでいたからね。いくつかの長打で彼(大谷)を手助けしたね」と、力投する大谷に同僚が応えたことに注目していた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集