[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、圧巻11Kは「ビーストだ」 球団OBも絶賛「Wソックスはここまで三振しない」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は29日(日本時間30日)、本拠地ホワイトソックス戦に「3番・投手兼DH」で先発出場。6回途中5安打無失点、11奪三振の力投で7勝目の権利を手にしてマウンドを降りた。13奪三振をマークした前回22日(同23日)のロイヤルズ戦に続き、2戦連続の2ケタ奪三振。現地実況席で解説を務めたエンゼルスOBは「別格のビーストだ!」と大興奮していた。

ホワイトソックス戦に先発するエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
ホワイトソックス戦に先発するエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

ホワイトソックス戦に「3番・投手兼DH」で出場

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は29日(日本時間30日)、本拠地ホワイトソックス戦に「3番・投手兼DH」で先発出場。6回途中5安打無失点、11奪三振の力投で7勝目の権利を手にしてマウンドを降りた。13奪三振をマークした前回22日(同23日)のロイヤルズ戦に続き、2戦連続の2ケタ奪三振。現地実況席で解説を務めたエンゼルスOBは「別格のビーストだ!」と大興奮していた。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 圧巻のショータイムに、メジャー通算132勝の実績を誇るエンゼルスOBもテンションを上げていた。米カリフォルニア州地元局「バリー・スポーツ・ウェスト」の中継では、序盤から奪三振を量産していた大谷の投球を3回途中にプレーバックした。

 速球、スライダー、スプリットで空振りの山を築くショータイムにテンションを上げていた解説のマイク・グビザ氏は「スプリットが素晴らしい」と惚れ惚れした様子。そして、「普段ここまでの数の三振をしないチーム相手に、ストライクゾーンの外で空振りを奪っています! ホワイトソックス相手に、ショウヘイはマウンド上で別格のビーストだ!」と大絶賛していた。

 大谷は4回に今季最速タイ101マイル(約162.5キロ)を計測するなど、5回2/3を投げて5安打無失点。108球と球数を要しながらも、11奪三振の好投で7勝目の権利を手にしてマウンドを降りている。DHで試合には出場を続けており、第3打席まで2打数無安打1四球としている。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集