[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

トラウトをイラつかせた中継ぎ投手が釈明 投手コーチと「癖について話したことない」

米大リーグ・エンゼルスの中継ぎ右腕が“炎上”した。28日(日本時間29日)の本拠地ホワイトソックス戦で、大谷翔平投手とマイク・トラウト外野手が2者連続本塁打。しかし、投手陣の崩壊で4-11と逆転負けを喫した。トラウトが外野から中継ぎ投手の癖を“指導”する動画を、米記者が公開。指摘を受けた中継ぎ投手は「コーチと癖について話したことはない」とコメントすると、米ファンから「恥ずかしい」「投手が可哀相だ」との声が上がった。

エンゼルスのエルビス・ペゲロ【写真:Getty Images】
エンゼルスのエルビス・ペゲロ【写真:Getty Images】

トラウトが外野から“イライラ中継ぎ指導”

 米大リーグ・エンゼルスの中継ぎ右腕が“炎上”した。28日(日本時間29日)の本拠地ホワイトソックス戦で、大谷翔平投手とマイク・トラウト外野手が2者連続本塁打。しかし、投手陣の崩壊で4-11と逆転負けを喫した。トラウトが外野から中継ぎ投手の癖を“指導”する動画を、米記者が公開。指摘を受けた中継ぎ投手は「コーチと癖について話したことはない」とコメントすると、米ファンから「恥ずかしい」「投手が可哀相だ」との声が上がった。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 また中継ぎ陣が炎上した。3-0のリードから5回に5失点。逆転を許すと、7回にも4番手右腕エルビス・ペゲロが4失点した。トラウトは中堅を守りながら呆れた表情。セットポジションを取り、何かをアピールするような仕草を見せていた。

 米メディア「ヤードバーカー」のアダム・スタイツ記者は、ツイッターに動画付きで「トラウトが中堅の守備位置からペゲロの癖にイライラしている。うんざりしているように見えた」と紹介。さらに、米スポーツメディア「ジ・アスレチック」のエンゼルス番サム・ブラム記者は、指摘を受けたペゲロのコメントをツイッターでこう紹介した。

「エルビス・ペゲロは癖が盗まれているということをトラウトが教える映像を見て知ったと話している。マット・ワイズ投手コーチと癖について話したことはない、とも話した」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集