[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平も納得いかない“枠外ストライク” 「最悪のコール」と米データ会社が指摘

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は、22日(日本時間23日)まで行われたロイヤルズ戦で連日の大暴れ。21日(日本時間22日)は打者として2本塁打8打点をマークし、翌日は投手で8回2安打無失点、13奪三振の力投で6勝目をマークした。好投が光ったこの試合、打席で大谷が受けていた「最悪の判定」を米データ分析会社が紹介。納得いかない大谷の様子には、米ファンからも「絶対にストライクではない」などと反響が集まった。

大谷翔平は微妙な判定に納得いかない様子を見せた【写真:ロイター】
大谷翔平は微妙な判定に納得いかない様子を見せた【写真:ロイター】

投手として躍動したロイヤルズ戦、打者では微妙な判定も…

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は、22日(日本時間23日)まで行われたロイヤルズ戦で連日の大暴れ。21日(日本時間22日)は打者として2本塁打8打点をマークし、翌日は投手で8回2安打無失点、13奪三振の力投で6勝目をマークした。好投が光ったこの試合、打席で大谷が受けていた「最悪の判定」を米データ分析会社が紹介。納得いかない大谷の様子には、米ファンからも「絶対にストライクではない」などと反響が集まった。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 連日の躍動で米国を沸かせた大谷。22日の試合は投手として躍動したが、打者としても3打数1安打2四球と貢献した。ただ、7回1死一塁の第3打席ではフルカウントから内角の変化球を見逃すも、ストライク判定で三振に。ボールと判断した様子の大谷は、右手を振って納得いかない様子。苦笑いを浮かべてベンチに戻っていた。

 球審を務めたゲーブ・モラレス氏の判定について、MLB審判統計を提供する米ボストンのデータ分析会社「UmpScores」は「昨夜は全体的に良かった」とし、94.01%という正確性も紹介。ただ、「最悪のコールをその時最も活躍していたショウヘイ・オオタニにしてしまった」と、大谷の三振判定の一球は判定ミスだったことを指摘した。

 また、画面に表示されたストライクゾーンの枠外に投じられている実際の映像を米データ分析会社「コディファイ・ベースボール」公式ツイッターが公開したところ、米ファンからは「ストライク??」「審判のゾーンが広すぎる」「絶対にストライクではない」「オオタニに対してみんな厳しくない?」「ばかばかしい」などと疑問の声が上がっていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集