[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、同僚すら“仕事を忘れた”圧巻3ラン 二塁走者にファン「何しとんねん笑」【8打点&13Kの衝撃】

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手が、102年間で初の大暴れを見せた。21日(同22日)の本拠地ロイヤルズ戦で3安打2本塁打。キャリアハイの8打点をマークした。翌日の同戦では投手としてマウンドに上がり、メジャー自己最多の13奪三振を記録するなど8回2安打無失点。6勝目を挙げた。歴史的な2日間を「8打点&13Kの衝撃」と題して振り返る。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

8打点→13Kと連日活躍のロイヤルズ戦を振り返る

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手が、102年間で初の大暴れを見せた。21日(同22日)の本拠地ロイヤルズ戦で3安打2本塁打。キャリアハイの8打点をマークした。翌日の同戦では投手としてマウンドに上がり、メジャー自己最多の13奪三振を記録するなど8回2安打無失点。6勝目を挙げた。歴史的な2日間を「8打点&13Kの衝撃」と題して振り返る。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

○大谷は“確信立ち”→ドヤ顔で咆哮! 9回起死回生の同点15号3ラン(21日)

 まさに起死回生の一発が飛び出した。「3番・DH」で出場した大谷。3点を追う9回1死一、二塁から、7番手バーローのカーブを完璧に捉えた。右翼席へかっ飛ばした打球は飛距離438フィート(133.5メートル)の特大弾。大谷は確信歩きならぬ“確信立ち”で打球を見送り、柵越えを確信すると味方ベンチへドヤ顔で咆哮した。

○同点3ランで走者もまさかの二塁付近でバンザイ…(21日)

 大谷が9回に放った同点3ランを二塁走者として目の当たりにしたのが、タイラー・ウェイド内野手。大谷の打球方向を見つめると、走り出しもせずに両手をあげてバンザイ。仕事を忘れたかように喜んでいた。MLB公式ツイッターが公開した動画に対し、日本のファンからは「セカンドランナーも確信万歳してるの草」「二塁のランナーが両手を挙げたところが素敵だ」「セカンドランナー何しとんねん笑」などとコメントが書き込まれていた。

○米実況席も「イッテラッシャーイ!」と大興奮 特大129メートル14号(21日)

 大谷は6回にも追撃の一発を放っていた。5点を追う6回無死一、二塁の場面。相手先発ヒースリーの速球を完璧に捉えた。打球は中越えの14号3ラン。こちらも飛距離423フィート(約128.9メートル)と大きな一発で、米ロサンゼルスの放送局「バリー・スポーツ・ウェスト」の実況、パトリック・オニール氏は「やったぞ、やった! オオタニが3ランショットだ!」と豪快な一撃を伝えた後、「イッテラッシャーイ!」と日本語で絶叫していた。

○外角なのに打者をのけ反らせた一球 108球目の衝撃「エグイね」(22日)

 8打点の衝撃から一夜明けた22日、「2番・投手兼DH」で出場した。8回2死のマウンド、右打者のエマニュエル・リベラに対して投げたこの日108球目は、スライダーだった。大きく曲がり、外角高めに決まったボール。リベラはわずかに体をのけ反らせ、反応できない。見逃し三振で吠えながらマウンドを降りた。ツイッター上の米ファンからは「これはエグいね」「この男は異常だ」などと反響が集まっていた。

○圧巻の13奪三振に送られた「MVPチャント」(22日)

 大谷が8回無失点13奪三振の力投を見せ、本拠地エンゼルススタジアムは総立ちとなった。米カリフォルニア州地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」のサミー・ロス記者は「8回13奪三振で試合を終えるショウヘイ・オオタニへ 『MVP』のチャントが送られる」などとツイッターに記し、一塁側客席からグラウンド方向を撮影した写真を公開。客席を埋めるファンは立ち上がり、拍手を送っているようだ。

 MLB公式サイトによると、打点が公式記録となった1920年以降、8打点をマークした翌日に2ケタ奪三振を記録したのはメジャー初。102年間で例のない躍動に、集まった米ファンも胸を打たれていたようだ。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集