[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

21歳西村優菜、今季初Vへ首位浮上 混戦V争いは「スコアをつくらないと勝てない」

女子ゴルフの国内ツアー・ニチレイレディス第2日が18日、千葉・袖ヶ浦CC新袖C(6563ヤード、パー72)で行われた。1打差の2位で出た21歳の西村優菜(スターツ)は4バーディー、ボギーなしの68で回り、通算11アンダーで18歳の新人・佐藤心結(みゆ・ニトリ)、森田遥(新英ホールディングス)と並んで首位に立った。ツアー通算4勝の実力者が、国内出場13試合目で今季初優勝を目指す。

ニチレイレディス、通算11アンダーで首位に浮上した西村優菜【写真:Getty Images】
ニチレイレディス、通算11アンダーで首位に浮上した西村優菜【写真:Getty Images】

ニチレイレディス第2日

 女子ゴルフの国内ツアー・ニチレイレディス第2日が18日、千葉・袖ヶ浦CC新袖C(6563ヤード、パー72)で行われた。1打差の2位で出た21歳の西村優菜(スターツ)は4バーディー、ボギーなしの68で回り、通算11アンダーで18歳の新人・佐藤心結(みゆ・ニトリ)、森田遥(新英ホールディングス)と並んで首位に立った。ツアー通算4勝の実力者が、国内出場13試合目で今季初優勝を目指す。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 最終18番パー5。西村が3メートルのバーディーパットを決めた。直前、佐藤がイーグルパットを決め、歓喜の熱気が残った状況下、冷静にストロークした。

「素晴らしいイーグルだったので感心していました。ただ、自分も得意のフックラインが残っていたので、決めることに集中しました。目標の60台で回れて良かったです」

 前半は1バーディーで折り返したが、後半は3つのバーディーを重ねた。グリーンを外しても、巧みなアプローチでパーセーブ。佐藤に「安定感がすごいです。アンダーが出るのが当たり前の雰囲気でした」と言わしめるほどだった。

 前々週の海外メジャー・全米女子オープンは予選落ち。好調を維持して現地に乗り込んだだけに、ショックは大きかった。一方、優勝したミンジー・リーをはじめ、海外の強豪選手たちに対し、「淡々と楽しそうにプレーしている」と感心。同じように前週の宮里藍サントリーレディスから取り入れているという。

 最終日に向けて「伸ばし合い」を想定した。首位は3人。3打差の4位には稲見萌寧もいる。「スコアをつくっていかないと勝てないです。パー5はバーディーを獲っていきたいです」と言った。ツアー通算5勝目となる今季初優勝なら、2000年度生まれ「プラチナ世代」としても今季初優勝となる。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集