[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

打球が観客の頭部直撃 “最後”の全米OPだったミケルソンに英紙「忘れたいほど悲惨」

米男子ゴルフの今季メジャー第3戦・全米オープン(OP)は17日(日本時間18日)、第2日が行われ、52歳のフィル・ミケルソン(米国)が通算11オーバーの134位で予選落ちした。“最後”の大会でミスショットが観客の頭部に直撃。海外メディアは画像付きで「忘れたいほど悲惨な1週間を集約したようなもの」と注目している。

全米オープンに出場したフィル・ミケルソン【写真:ロイター】
全米オープンに出場したフィル・ミケルソン【写真:ロイター】

ミケルソンが男性ギャラリーの元へ歩いて謝罪

 米男子ゴルフの今季メジャー第3戦・全米オープン(OP)は17日(日本時間18日)、第2日が行われ、52歳のフィル・ミケルソン(米国)が通算11オーバーの134位で予選落ちした。“最後”の大会でミスショットが観客の頭部に直撃。海外メディアは画像付きで「忘れたいほど悲惨な1週間を集約したようなもの」と注目している。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 3番パー4の第1打、ミケルソンの打球はミスショットになった。ギャラリーの方向へ飛んでいった打球。なんと男性ファンの頭部に直撃してしまった。ミケルソンは男性客の元に足を運び、謝罪した上で自身のグラブを差し出したという。このホールはパーでしのいだ。

 英紙「ミラー」がこのシーンの画像付きで記事を掲載。「USオープンでミケルソンの打球がファンに当たり、顔を床に倒してしまう」と見出しを打った。状況を説明した上で、「フィル・ミケルソンが行くところには、ドラマがつきまとう」「彼のミスショットは、PGAツアーに復帰した52歳の忘れたいほど悲惨な1週間を集約したようなものとなった」と表現した。

 前週、ミケルソンは超高額賞金の新ツアーとして注目を集めた「LIV招待」の開幕戦に参戦。通算10オーバーの33位だった。この大会の出場を巡り、複数の選手が米男子プロゴルフ(PGA)ツアーから事実上の追放処分を受けた。今大会は全米ゴルフ協会(USGA)主催のため、ミケルソンは出場できたが、“最後”の全米オープンとなる可能性が取り沙汰されている。

 ミケルソンはメジャー通算6勝を誇るレジェンド。今大会を制すればグランドスラム達成だったが、予選落ちで快挙の夢は散った。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集