[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平5勝目 米記者は“隠れたMLB最高のスタッツ”指摘「ロジックに逆らう力だ」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は16日(日本時間17日)、敵地マリナーズ戦に「3番・投手兼DH」で先発出場。打っては4打数2安打、投げては6回3安打無失点の好投で今季5勝目をマークした。4-1で勝ったチームは連敗を3でストップ。米記者は、投手・大谷の隠れた好記録を紹介し「ロジックに逆らう能力だ」と指摘している。

5勝目をマークした大谷翔平【写真:Getty Images】
5勝目をマークした大谷翔平【写真:Getty Images】

マリナーズ戦で6回無失点に抑え5勝目、打っても2安打

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は16日(日本時間17日)、敵地マリナーズ戦に「3番・投手兼DH」で先発出場。打っては4打数2安打、投げては6回3安打無失点の好投で今季5勝目をマークした。4-1で勝ったチームは連敗を3でストップ。米記者は、投手・大谷の隠れた好記録を紹介し「ロジックに逆らう能力だ」と指摘している。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 大谷は初回こそ2死一、二塁とされるも、その後は得点圏に走者を進ませず。落差の大きなスプリットも駆使してマリナーズ打線を散発3安打に封じ、6回を93球で無失点に封じた。最後は「オラァ!」と雄叫びをあげて投じた99.2マイル(159.6キロ)の剛速球で、この日6つ目の三振を奪った。

 チームの連敗を3で止めた大谷だが、試合中に米記者が興味深いデータを紹介していた。米スポーツ専門サイト「ジ・アスレチック」などに寄稿していたブレント・マグワイア記者は「バリー・スポーツ・ウェストからの、このショウヘイ・オオタニのスタッツはワイルドだ。ショウヘイの、ロジックに逆らう能力だ」とツイッターに投稿。大谷の奪三振率に関するスタッツを画像で伝えた。

 試合を中継した米放送局「バリー・スポーツ・ウェスト」のデータによると、大谷は打者1巡目の奪三振率が26.7%、2巡目が34.8%なのに対し、3巡目が35.6%と最も高く、これはMLBで最高の数値なのだという。試合が疲れの出る終盤に近づくにつれ、奪三振が増える大谷の力が米メディアから注目されていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集