[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥と対戦希望 Sバンタム級王者との勝敗を米識者予想「凄まじいパワーだから…」

ボクシングのWBAスーパー&IBF&WBC世界バンタム級3団体統一王者となった井上尚弥(大橋)は、世界で最も権威ある米専門誌「ザ・リング」のパウンド・フォー・パウンド(PFP)で日本人初の1位に立つなど海外でも高評価されている。米メディアは井上の実力を称賛しつつ、1階級上の世界王者と仮に対戦が実現した場合の勝敗予想もしている。

ノニト・ドネアに2回TKO勝ちした井上尚弥【写真:荒川祐史】
ノニト・ドネアに2回TKO勝ちした井上尚弥【写真:荒川祐史】

米メディアが井上を称賛、対戦を希望しているフルトンにも言及

 ボクシングのWBAスーパー&IBF&WBC世界バンタム級3団体統一王者となった井上尚弥(大橋)は、世界で最も権威ある米専門誌「ザ・リング」のパウンド・フォー・パウンド(PFP)で日本人初の1位に立つなど海外でも高評価されている。米メディアは井上の実力を称賛しつつ、1階級上の世界王者と仮に対戦が実現した場合の勝敗予想もしている。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 井上に注目したのは、米ソーシャルメディアプラットフォームの「トリラー」社公式YouTubeチャンネルだった。ポッドキャスト番組「3ノックダウン・ルール」のホストで米ボクシング・ジャーナリストのスティーブ・キム氏と、同じくホストでボクシング経験もある米俳優マリオ・ロペス氏の2人が出演している。

 キム氏は「イノウエはボクシング界で最高のスピードとパワーとテクニックが調和した選手」と称賛。「速くてもパワーのない選手や、パワーはあっても素早くない選手はいる。スタイルに関係なく、テクニックの観点から言うと偉大なファイターはみんなモーションに無駄がないんだ」と総合力で優れていることを伝えている。

 7日に行われた3団体統一戦では、ノニト・ドネアに2回TKO勝ち。圧巻の強さを見せたが、キム氏は「ドネアは、最初のパンチが見えてすらなかったんじゃないかと思う」と鋭いパンチを表現した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集