[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ドネア、井上戦前にできなかった“当日準備”に元王者が同情「狂ったのかもしれない」

ボクシングのWBAスーパー&WBC&IBF世界バンタム級王座統一戦で井上尚弥(大橋)と再戦を行った39歳のノニト・ドネア(フィリピン)。2回TKOで敗れた不惑手前のレジェンドの進退にも注目が集まるが、かつてドネアを倒した元2階級制覇王者のカール・フランプトン(英国)は、試合前にフィリピンの閃光の身に起きたアクシデントを明らかにしている。

井上尚弥とのバンタム級王座統一戦に臨んだノニト・ドネア【写真:荒川祐史】
井上尚弥とのバンタム級王座統一戦に臨んだノニト・ドネア【写真:荒川祐史】

試合後にドネアと話したフランプトン氏が明かす

 ボクシングのWBAスーパー&WBC&IBF世界バンタム級王座統一戦で井上尚弥(大橋)と再戦を行った39歳のノニト・ドネア(フィリピン)。2回TKOで敗れた不惑手前のレジェンドの進退にも注目が集まるが、かつてドネアを倒した元2階級制覇王者のカール・フランプトン(英国)は、試合前にフィリピンの閃光の身に起きたアクシデントを明らかにしている。

【特集】偉業を後押しした心の支え 金メダリストが感謝する応援のチカラ / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 2018年4月21日、ベルファストで行われたWBO世界フェザー級暫定王者決定戦で、ドネア相手に判定勝ちを記録したフランプトン氏。ジャッカルの異名で知られた元王者は、地元紙「ベルファスト・テレグラフ」のコラムでかつてのライバルへの思いを記している。

 井上相手に264秒でKO負けを喫したが、「イノウエのようなパンチャーを相手した場合、KOはボクシングの世界ではあり得る。短い時間だが、ノニトはシャープに見えた」と同氏は持論を展開。試合後の6月9日(英時間)にドネアとビデオ電話したと明かしており、ドネア側の大会前のアクシデントも伝えている。

「ミット打ちのトレーナーである父親が日本に行けなくなったことで、ノニトの準備は少し混乱した」。日本での直前合宿中は、別の日本人選手を担当するトレーナーがミット打ちを受けてくれたものの、試合当日は誰もミット打ちを受けられる相手がおらず。そのためドネアはミット打ちなしで当日のウォーミングアップをしなければならなかったという。

「彼はこれで少しフラストレーションを感じたと話していた。これで狂ったのかもしれない」とフランプトン氏はドネアの身に起きた不運を同情気味に伝えている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集